テーマ

STEAM教育/一般

開催日時
20210522

開催場所
富山大学(五福キャンパス) オンライン開催(現地開催中止)
申込期限
3/22(月)
原稿期限
4/19(月)

研究会の発表募集

会場:オンライン(富山大学での開催は中止)
開催担当:長谷川春生(hasegawa@edu.u-toyama.ac.jp)
申込締切:2021年3月22日(月)17:00
原稿提出:2021年4月19日(月)17:00
問合せ先:研究会幹事(study-group-core@jset.gr.jp)

募集内容

 多様な課題が生じている今日においては,「各教科での学習を実社会での問題発見・解決にいかしていくための教科横断的な学習」であるSTEAM教育の必要性が高まっています.高等学校では「社会に開かれた教育課程」の理念の下,産業界等と連携し,教科等横断的な学習の中で重点的に取り組むものとされています.また,その土台として,小中学校等においても,ものづくり体験やプログラミング教育などの充実とともに,発達段階に応じて,児童生徒の興味・関心をいかし,教師が一人一人に応じた学習課題を設定するなどして,教科等横断的な学習の中でSTEAM教育に取り組むことも必要であると考えられます.
 このような状況を背景に,本研究会ではSTEAM教育に関する研究報告を募集します.また従来どおり,教育工学一般に関する発表も募集します.

発表申込方法

 こちらの「日本教育工学会研究会 新規登録」より申込下さい.発表申込の際には,発表者氏名・所属・メールアドレス等の申込者の情報, 発表題目・連名者・発表要旨(200字程度)・テーマ/一般の選択等の発表内容に関する情報を入力して頂きます.
 なお,発表内容に関する情報は,原稿提出時までの修正が可能です.修正は,「日本教育工学会研究会マイページ」より行っていただきます. *年次大会の発表のルールに準じ,個人がファーストオーサーとして発表できる件数は1件とさせていただきます(連名での発表件数には制限はございません).

発表申込・原稿提出時の注意

 研究会の発表申込及び原稿提出を正常に受付致しますと,ご登録頂いたe-mail宛に登録完了メールを送信いたします.24時間経ってもメールが届かない場合は,お手数ですがstudy-group-core@jset.gr.jpまでご連絡ください. なお,確認を行わなかった場合の不利益(申込が受付けられなかった場合等)に関しましては,本学会では責任を負い兼ねますので,ご了承ください.

申込締切

2021年3月22日(月)17:00
 「研究会発表申込・原稿投稿申込フォーム」を使い申し込まれた方には,申込が終わり次第, 申込内容について記載されたメールをお送りします.
 締切後,申し込まれた方宛てに,原稿の執筆及び提出に関し,ご案内いたします. 

原稿執筆

 発表原稿は,原稿見本(Word形式PDF形式)をご一読いただき,必ず所定の書式に従って作成してください.Wordを使用する場合は,スタイルファイルを活用すると便利です.なお,提出された原稿が原稿見本と著しく異なるものであると研究会委員会が判断した場合には,修正して次回以降の研究会に改めて投稿していただくことをお願いすることがございます.また,原稿見本は2015年3月に内容を改めました.
※原稿見本等のファイルをクリックしてもダウンロードできない場合は,リンクを右クリックして「名前を付けてリンク先を保存」をしてください。

原稿提出期限

 2021年4月19日(月)17:00(厳守!)
 原稿の提出は,こちらの「日本教育工学会研究会マイページ」より,発表申込時に発行された「登録番号」と「パスワード」を使用してご登録下さい.
 なお,原稿は PDF 形式(サイズは10Mバイトまで)による電子的な提出とします.報告集として編集・印刷を行いますので,セキュリティによる制限をかけないようにしてください.
 原稿提出期限までに原稿が提出されていない場合は,原則として発表がキャンセルとなります.また,研究会の発表プログラムから削除されます.ニューズレター等には,原則,申込時の情報がプログラムとして記載されますので,ご了承ください.

プログラム

研究会での発表について

研究会での発表を検討されている方は,ページ上部の「発表までの手順」をご覧下さい.
先に述べましたとおり,本研究会では討論を大切にしているため,発表時間は次のように定めています.

  • 1人あたりの持ち時間 24分(発表時間19分,討論5分)
    ※討論をさらに重視したい場合は,発表時間を少なくしていただいても構いません.

外国語による発表について

研究会では留学生等の外国語による発表に関しまして,次のような条件のもとで受付けております.

  • 対応する外国語は英語のみとします
  • Web上での申込み,原稿投稿,メールでのやりとりは日本語で行ってください
  • 原稿および当日のプレゼンテーション資料は英語を使用できます
  • International Sessionは設けません.発表および質疑は日本語で行うか,英語の場合は通訳を確保するなど,日本語でのやりとりに支障が無いようにしてください(通訳等のサービスを研究会では行いません)
  • 上記の条件に関して不安がある場合,留学生の指導教員や共同研究者が支援してください
  • 原稿フォーマットに関しては,ページ上部の「発表までの手順」をご覧ください.

研究会当日の発表取消への対応について

研究会当日,やむを得ない理由で発表ができなかった発表者に対して,研究報告集に発表原稿が掲載された1年以内に開催される研究会にて,その発表報告を行なって頂きます.
なお,2011年7月開催の研究会から適用します.