研究会 発表までの手順

本研究会は会員・非会員ともに発表および参加することができます.
このページでは日本教育工学会の研究会で発表するための手順について説明いたします.
なお,本研究会へ発表申込される前に,日本教育工学会研究報告集投稿規程を熟読のうえ,同意のうえでお申し込みいただきますようお願いいたします.

お申込み後の参加費及び発表費は、返金いたしません。

手順1:発表申込日および原稿提出日を確認する

 研究会で発表を行うためには発表申込原稿提出を期日までに行います.

 研究会のトップページにて発表したい研究会名をクリックすると,該当する研究会のWebページが表示されます.このWebページでそれぞれの期日をご確認ください.

 本研究会では発表申込期日以降の発表申込は一切受け付けておりません.また,発表申込を行われた場合でも原稿提出期日までに原稿が提出されない時には発表取消とさせていただいております.

 これは,研究会委員が本務の傍らで発表プログラムの編成,研究報告集の編集等の作業を短時間で行わなければならないからです.発表をされる皆様には締切厳守にご協力いただきますようお願い申し上げます.

手順2:発表申込を行う

 研究会の発表申込については,上記の該当する研究会のWebページの発表申込方法をご覧ください.

この発表申込時に必要な情報は,申込者の情報,発表題目,発表要旨,連名者等の情報です.特に,本研究会から皆さんへの連絡は電子メールで行いますので、電子メールアドレスの入力ミスにはご注意ください.

年次大会の発表のルールに準じ,個人がファーストオーサーとして発表できる件数は1件とさせていただきます.連名での発表件数には制限はございません.

 発表申込が無事完了すると,受付完了メールが自動送信されます.このメールには原稿提出時に必要な「登録番号」と「パスワード」が記載されています.原稿の提出が完了するまでは必ずこのメールを手元に残しておいてください.

手順3:発表原稿を作成する

  発表原稿は,原稿テンプレート(Word形式PDF形式)をご一読いただき,必ず所定の書式に従って作成してください.なお,Word形式はお使いのバージョンによって図表等の位置にずれが生じる場合がありますので,PDF形式を併せてご参照ください.また,Wordを使用する場合は,原稿テンプレートに設定されている「スタイル」を利用すると便利です.なお,提出された原稿が所定の書式と著しく異なる場合,次回以降の研究会に改めて投稿していただくことがあります.
※原稿テンプレートは2023年9月に,論文テンプレート2023年9月7日版に準ずる形で内容を改めました.
※ファイルをクリックしてもダウンロードできない場合は,リンクを右クリックして「名前を付けてリンク先を保存」を選択してください.

手順4:発表原稿を提出する

 発表原稿の提出は,「日本教育工学会研究会マイページ」から行います.発表申込時に発行された「登録番号」と「パスワード」を使って,指示にしたがって原稿の提出を行ってください.

 なお、発表申込時の情報に変更が生じた場合には「日本教育工学会研究会マイページ」の情報を修正し、「申込者の情報」「発表内容」を原稿と完全に一致させてください.

 提出する発表原稿のファイル形式はPDF形式(サイズは10Mバイトまで)です.研究報告集として編集を行いますので,セキュリティによる制限をファイルにはかけないようにしてください.

手順5:発表原稿を修正する(任意)

 発表原稿の提出締切から数日経過すると,発表原稿に修正箇所が見つかった発表者に対して,研究会委員会から修正依頼メールを送信します.この修正は任意となります.

 修正依頼メールの内容にしたがって修正を行ってください.修正原稿の提出は,「手順4」と同様に,日本教育工学会研究会マイページから行います.

 なお、発表申込時の情報に変更が生じた場合には「日本教育工学会研究会マイページ」の情報を修正し、「申込者の情報」「発表内容」を原稿と完全に一致させてください.

手順6:発表を行う

発表日までに発表で使用するプレゼン資料をご用意ください.

発表日当日の手順は次のとおりです.

  1. 参加登録者のリストとの照合を行いますので, 受付でお名前をお伝えください。受付で発表費・参加費の支払いはできませんので,事前にオンラインで支払いを済ませておいてください。
  2. セッション開始前に,自分のコンピュータとプロジェクタを接続して,プレゼン資料が投影されるかを確認します.
  3. 自分の発表時間に発表を行ってください.
    1人あたりの持ち時間24分(発表19分+討論5分),交代1分

発表原稿・研究会報告集(J-Stage)
 発表原稿は研究会の約3日前から当日までは「クラウドストレージ」にて,研究会翌日以降に「研究会報告集」としてJ-STAGE上にフリーアクセスとして掲載されます.これまでの発表原稿は「日本教育工学会研究報告集」からご覧いただけます.

更新日:2024.7.15