『大学教員のためのFD研修会(オンラインワークショップ)』開催案内

この研修会は,日本教育工学会がこれまでの知見を活用し,大学教育の授業改善や教員の授業力向上へ寄与しようと,2008年度から実施されているものです.本研修会の修了要件を満たした方には学会より認定書を発行し,本研修を修了したことを証明します.本年度の研修内容は,2011年度から好評である内容を踏襲し,「大学授業デザインの方法-1コマの授業からシラバスまで-」をテーマに開催いたします.

感染症の終息が見込めない状況を踏まえ,本年度も11月~1月にかけてフルオンラインで実施することとしました.ぜひ奮ってご参加ください.なお,FD研修会修了者向けのファシリテーター研修,添削者研修は,本年度は行いません.

【FD研修】
●対象:高等教育機関の教員(非常勤講師も含む),高等教育機関の教員を目指す学生の方
※高等教育機関で授業を行う予定のない方のお申し込みはご遠慮ください.

●スケジュール:

2021年11月11日(木)~2021年12月10日(金)事前課題(Moodle)
2021年12月11日(土)13:00~17:00オンラインワークショップ(Zoom)
2021年12月12日(日)~2022年1月31日(月)事後課題(Moodle)

●定員:20名(申し込み着順で,定員になり次第,締め切ります.)

●参加費:2,000円(学会員),3,000円(学会員以外)

●テーマ:「大学授業デザインの方法-1コマの授業からシラバスまで-」

●内容:
参加者それぞれが授業実践事例を持ち寄り,オンラインワークショップ形式で行います.授業のデザインに関する問題意識の明確化,授業のデザインに関する情報・課題の共有などから議論を始め,「何を誰に教えようとしているのか」,「どんな方法で教えるのか」,「続けたい点・変えたい点は何か」などをグループで議論しながら授業の改善案を考えていきます.オンライン授業の方法に特化したワークショップではありません.これまで同様,シラバスや授業全体を対象に改善案の検討を行います.

●準備物:
高等教育機関において授業実践を行っている参加者は,自分の授業のシラバス,授業資料(スライド,プリント,板書ノートなど)など,授業に関する資料を用意してください.学生等で未だ高等教育機関において授業実践を行っていない,もしくは今後実施する予定の参加者は,実施することを想定した授業デザインに関する資料を用意してください.詳細は事前課題でご案内します.なお,シラバス・授業資料等はLMS上で他の受講者と共有することをご承諾ください.

●認定書:最終レポートを提出し,合格した修了生には,日本教育工学会から認定書が授与されます.

●申し込み:
<会員用>
会員専用ページ「入金確認・支払」より(「事前申込項目」から「2021年 大学教員のためのFD研修会」を選択して支払いに進んでください)

<非会員用>
https://www.jset.gr.jp/collection/index.php

【企画者等】
●企画:日本教育工学会
●コーディネータ:
市川尚(岩手県立大学)・岩﨑千晶(関西大学)・遠海友紀(東北学院大学)・甲斐晶子(熊本大学)・勝又あずさ(成城大学)・嶋田みのり(東北学院大学)・杉浦真由美(北海道大学)・高橋暁子(千葉工業大学)・千葉美保子(甲南大学)・根本淳子(明治学院大学)・松河秀哉(東北大学)・宮川幹平(東海大学)・村上正行(大阪大学)・森幹彦(目白大学)・渡辺雄貴(東京理科大学)

●認定ファシリテーター:
上田和子(武庫川女子大学)・鈴木浩子(日本薬科大学)・辰島裕美(金沢星稜大学女子短期大学部)・矢島孔明(人間総合科学大学)
●監修:鈴木克明(熊本大学・日本教育工学会監事)
●幹事:遠海友紀(東北学院大学)・嶋田みのり(東北学院大学)

【お問合せ先】
●遠海友紀 E-mail: fd-staff[at]jset.gr.jp