SIG新規設立申請要綱

日本教育工学会SIG(Special Interest Group)新規設立を希望する場合には、下記の要綱に従って申請書を作成し、SIG委員会宛に2月15日までに提出してください。
承認につきましては、SIG委員会、理事会で審議し、3月末に結果を連絡いたします。
なお、新規設立が承認された場合、総会、全国大会に参加していただき、SIGの活動計画などについてご報告いただく予定になっております。

SIGの新規申請の条件として,下記の条件を満たしてください.

一、 発起人となる少なくとも3名については、日本教育工学会に5年以上所属している正会員であること。
一、発起人となる少なくとも3名については、それぞれ全国大会もしくは研究会において5年以内で5回以上発表を行っていること(連名含む)。
一、 発起人のうち少なくとも1名が、日本教育工学会誌(ショートレター特集号を含む)に論文が掲載されていること
一、 発起人全体で、テーマに関する業績(論文、全国大会もしくは研究会における発表)を5年以内で5件以上あること(発起人の誰かが筆頭著者であること)。

なお、新規SIGの活動期間は本学会の法人化が予定されており、SIGの運営方法について検討中であることから2020年5月から2020年12月までとする。

SIG新規設立申請書(word 16.0KB)

①希望名称

新規設立を希望するSIGの名称をお書きください。また、略称(日本語・英語)を書いてください

②設立の趣旨

日本教育工学会のSIGであることを踏まえて、今回SIGを新規設立する趣旨や目的について、お書きください。

③アピール

新規設立を希望するSIGについてアピールする点(これまでの実績、新規性など)を書いてください。

④キーワード

新規設立を希望するSIG に関連するキーワードを3~5つ程度お書きください。⑤活動計画・活動内容新規設立を希望するSIGで行なう活動計画・活動内容について、具体的にお書きください。なお、SIGは3年毎に継続審査を行うため、3年間の概要を書いてください。

⑥期待される成果・貢献

新規設立を希望するSIGの活動によって、参加者や学会、教育工学分野においてどのような成果や貢献が期待されるのか、具体的にお書きください。

⑦発起人

新規設立を希望するSIGの発起人(3名以上)の氏名・所属をお書きください。
なお、発起人は日本教育工学会の会員であることが条件となります。

⑧連絡先

新規設立を希望するSIGについての連絡先(発起人から1名)をお書きください。

SIG新規設立申請に関するお問い合わせは、SIG委員会まで