日本教育工学会 2022年春季全国大会

HOME | 大会日程 | 大会までのスケジュール | 発表について |

今大会での注目点・注意点 | 開催期日・会場 |

委員会の構成 | 問い合わせ |

各セッション | 自主企画セッション | 学生セッション |

参加登録 |

各セッション

SIGセッション

日本教育工学会では現在,研究グループである”Special Interest Group(SIG)”で研究活動を活発に進めています.それぞれのSIGからこれまでの研究テーマや活動,JSETにおける役割などを紹介します.

シンポジウム

大会2日目の午後にはシンポジウム「教育工学における教育実践研究のススメ」が開催されます.詳細が決まり次第,Web ページ,ニューズレターにてお知らせ致します.
概要:
教育工学における教育実践研究で重視される要素の一つに、科学的な問題解決がある。しかしながら、対象となる教育実践の課題固有性が高いことや、研究手法の多様性から、教育実践研究で求められる評価の基準が必ずしも固定されていないことが多い。そこで教育工学分野における教育実践研究について、その在り方や方法を改めて議論し、共通認識を高めていくことには大きな意義がある。本シンポジウムは2部で構成される。第一部は、教育工学における教育実践研究で直面する悩みをいくつかとりあげ、研究アプローチ、初等中等教育、高等教育のそれぞれから悩みをどのように克服しながら進めているのか事例をご紹介いただく。第二部では、実践研究を論文誌で採用している隣接領域の学会からシンポジストをお招きし、学術誌における実践研究の意義や位置付けなど俯瞰的な視点での議論を通して、教育工学における教育実践研究の発展を模索する。

一般研究(口頭発表)

春季全国大会の一般研究発表は口頭発表のみです.所定の時間内に発表を終え,質疑応答時間を設定します.発表者交代のための時間を1分設けます.また,International Session も一般研究発表と並行で行います.発表テーマカテゴリーは旧SIGテーマに沿って設定しています.発表内容について該当するSIGテーマがない場合は「その他」を選択してください.

なお,ご希望された発表テーマカテゴリーは希望者数に応じて,春大会企画委員会で調整させていただく場合がございます.

開催予定のテーマカテゴリーは以下のとおりです.
(1)高等教育・FD (2)教師教育・実践研究 (3)教育・学習支援システムの開発・実践 (4)教育の情報化 (5)ゲーム学習・オープンエデュケーション (6)協調学習・学習科学 (7)インストラクショナルデザイン (8)メディア・リテラシー, メディア教育 (9)コンピテンシースタンダードと能力評価手法の開発 (10)情報教育 (11)人工知能の教育利用 (12)STEM教育 (13)小学校プログラミング教育 (14)その他

お申込になりたいSIGテーマは学会ウェブページのSIG活動にも掲載されていますので,そちらをご覧下さい.

International Session

昨年度に引き続き,International Sessionを実施致します.

本セッションでの発表および質疑応答は,英語で行われます.本セッションは,教育工学研究の国際化に対応するものであるとともに,特に若い研究者に対しては,国際学会等での研究発表や討論に備える体験を提供する機会でもあります.発表は一般研究発表と同じ時間帯で実施しますが,1日目・2日目それぞれ9:00からのセッションを予定しております.

We would like to invite you to the International Session on the annual conference. The purpose of this session is to provide an opportunity to present papers and engage in scholarly discussions in English, and thus promote internationalization of the JSET community.

This International Session will be run in parallel with the presentation session (一般研究発表). Young scholars as well as experienced researchers are all welcome. Papers related to the following topics are invited to the Session.

学生セッション・自主企画セッション

昨年度大会に引き続き,学生セッション,自主企画セッションを行います。詳細は下記をご覧下さい

(1)学生セッション
(2)自主企画セッション