日本学術会議 会員専用ページ 入会申込
ENGLISH
日本教育工学会 JAPAN SOCIETY FOR EDUCATIONAL TECHNOLOGY
  • MAP
  • お問合せ
  • JSET NEWS
  • 合宿
  • 研究会
  • 全国大会
  • シンポジウム
  • 産学共同セミナー
  • SIG活動

合宿研究会

  2013 年度 冬の合宿研究会
「教育工学研究におけるアクション・リサーチ」のご案内(最終報)
 
   
  ■趣旨
 冬合宿では,アクション・リサーチの理論・方法と研究成果を論文として執筆する方法に焦点を当て, アクション・リサーチの経験豊富な講師陣と共に「教育工学におけるアクション・リサーチ」について 探求する.アクション・リサーチは多様な領域や状況で用いられている研究アプローチの包括的用語で あるが,今回は「活動理論」を中心とする.

■講師
松下佳代先生(京都大学)
村上正行先生(京都外国語大学)
住政二郎先生(流通科学大学)

■参加費
16,000円(宿泊代,食事代,情報交換会代込み)*22日(土)夕食,23日(日)朝食付き

■主なプログラム内容
02 月22 日(土)
12:00〜12:30 受付
12:30〜12:40 オリエンテーション,講師紹介
12:40〜14:10 <理論・方法に関する解説(松下佳代先生)>
・アクション・リサーチの理論的背景
・具体的な方法
・事例
・質疑応答
14:10〜14:30 TEA TIME & フリートーキング
14:30〜15:30 <査読論文投稿への道のり(村上正行先生)>
・アクション・リサーチの成果を論文としてまとめる際の留意事項に関する解説
・質疑応答
15:30〜16:00 ・個別ワーク(持参したプランを修正)
16:00〜16:15 TEA TIME & フリートーキング
16:15〜17:00 <グループ内ディスカッション>
・グループに分かれて,持ち寄ったプランについて共有
・悩んでいるところ,難しそうなところの整理
17:00〜17:30 <全体発表+講師陣によるアドバイス>
・各グループで共有された悩みや解決法について全体で共有
17:30〜18:30 <個別ワーク,入浴>
18:30〜 <夕食,情報交換会>

02 月23 日(日))
2日目プログラムスタート
08:00 朝食
09:00〜10:00 <事例紹介(住政二郎先生)>
・教育工学会員による実際に行ったアクション・リサーチの事例紹介(研究の計画・実施から論文執筆まで)
・質疑応答
10:00〜11:30 <別ワーク+講師陣による個人アドバイス>
11:30〜12:00 <まとめ>
12:00 プログラム終了,解散


■ 日程・会場
日時:2014年02月22日(土)〜23(日)22日(土)12:00受付開始.23日(日)12:00解散.
*1日目の昼食は各自で食べてきて下さい.1日目の夕食は参加者全員で食べます.

宿泊場所:KKR箱根 宮の下 http://www.kkrmiyanosita.com/
宮ノ下駅周辺は道路が狭く,送迎用の車を長時間停車させる事ができません.そのため,11:20 からあ る程度の人数が集まり次第,随時送迎をする形を取らせて頂きます.下記の路線情報を参考にして下さ い.宮ノ下駅から宿舎までの所要時間は約5分となります.

10:31小田原発〜11:18 宮ノ下着
10:46小田原発〜11:38 宮ノ下着
11:06 小田原発〜11:52 宮ノ下着
11:20 小田原発〜12:06 宮ノ下着
11:25 小田原発〜12:18 宮ノ下着

■参加にあたっての準備
 参加者一人ひとりが考えたアクション・リサーチをもとに議論を行います.そのため,あらかじめ取 り組みたい(既に取り組んでいてそれを改善したいと思っている)アクション・リサーチ案を準備して おいて下さい.個別ワークで案をまとめる時間をとりますが,十分であるとは限りません.事例の情報 等をまとめておくなど,各自で作業がスムーズに進行するよう調整をお願い致します.

■開催責任者・問い合わせ先
久保田賢一(関西大学)
 



ページトップへ

日本教育工学会 事務局 TEL:03-5549-2263/FAX:03-5575-5366
〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13三会堂ビル8階