原稿の提出は、研究会発表申込・原稿投稿申込フォームより提出願います。

開催日
2017年03月04日(土)
会場
信州大学 長野(教育)キャンパス(〒380-8544 長野県長野市西長野6−ロ)
信州大学 長野(教育)キャンパスの地図はこちら
開催担当
森下孟 連絡先:

参加のための事前申し込みは必要ございません。参加費は無料です。

研究会報告集の年間予約購読代金(3,500円)を支払い済みの本学会会員以外の方は,報告集代として1,000円を当日受付にてお支払いください。 また,当日受付にて年間予約購読の申し込みも可能です。 なお,年会費には研究会報告集の年間購読代金は含まれておりませんのでご注意ください。

発表時間
当研究会は会員・非会員による討論の場を作ることを目的として開催しております。 討論時間を確保するために,持ち時間24分において質疑応答の時間を5分以上は確保していただいております。 よろしくご理解願います。
交通案内
  • JR長野駅から長野市循環バス『ぐるりん号』に乗車(約10分),バス停「信大教育学部前」を下車し道路を挟んだ正面にキャンパスがあります.
    詳しくは,信州大学教育学部Webサイトの「交通・キャンパス案内」をご参照ください.
    なお,お車でお越しになられた場合でも,構内の駐車場をご利用いただくことはできません.
お知らせ
・昼食等案内:大学生協の営業予定はありません(自販機はご利用可能です).周辺に飲食店はありますが,観光地につき混雑が予想されます.最寄りのコンビニエンスストアまでは徒歩で約10分かかります.昼食等については,ご都合にあわせて,あらかじめJR長野駅前等にてご準備ください。
・研究会終了後,下記のとおり,情報交換会を開催いたします。なお,本情報交換会はJAEMS研究会,JSiSE北信越支部と合同開催です。
 日  時:2017年3月4日(土)19:00〜
 場  所:油や ABURAYA(長野駅善光寺口から徒歩約1分) http://n-aburaya.com/
 会  費:5,000円 ※ 研究会受付時にお支払いください
 申込締切:3月2日(木)まで
 申込方法:以下のGoogleフォームからお申込みください。
 ※ JAEMS研究会Webサイトにて懇親会にお申し込みの方は申込み不要です。
   https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScKyO9yDk8AjqTXfevzjqkevHOqpnRpU__xotRJIajUCFwD_Q/viewform
プログラム 発表時間:発表1件につき24分 (発表19分,質疑5分)の持ち時間です。
諸連絡10:00 〜 10:05
午前の部10:05 〜 12:10
A会場(N201)
)
初等教育における教科共通の教育手法を探る−PCKを手がかりに−
根本淳子(愛媛大学)、鈴木克明(熊本大学)
)
学校放送番組を活用した教科等の指導法にかかわる一考察
波多野和彦(江戸川大学)、中村佐里(自由学園高等科)、三尾忠男(早稲田大学)
)
教室の学びを支える児童のきく力に関する一考察
宮内健(早稲田大学大学院)、向後千春(早稲田大学)
)
低学年国語科におけるユニバーサルデザイン授業のためのガイドライン作成
中森純、深見俊崇(島根大学)
)
日本の知財教育の経過とそのあるべき姿
世良清(三重県立津商業高等学校)
B会場(N202)
)
日本のラーニング・コモンズにおける学習支援の動向
遠海友紀、嶋田みのり(東北学院大学)、村上正行(京都外国語大学)、稲垣忠(東北学院大学)
)
東北学院大学ラーニング・コモンズにおける開設初年度の利用傾向
嶋田みのり、遠海友紀(東北学院大学)、帖佐和加子(東北学院大学大学院)、村上正行(京都外国語大学)、稲垣忠(東北学院大学)
)
大学理念のテキストマイニングによる女子大学の特徴分析
柴田萌子(名古屋大学大学院)、深谷和義(椙山女学園大学)
)
大学内ファシリテーションにおけるテーマ選択に関する事例研究−“核武装”および“ 安保法案”−
北垣郁雄、匹田篤(広島大学)、金川秀也(東京都市大学)
)
大学生とのワークショップによる日本語の読み書きに関するICT教材の作成
金子俊明、有友愛子、柴功士、坂口嘉菜(筑波大学附属聴覚特別支援学校)
C会場(N203)
)
プログラミング方法論の違いに基づき社会的問題解決を考えさせるゲーミング教材の開発
金井文哉(東京工業大学)、松田稔樹(東京工業大学/江戸川大学)
)
車の制御に着目した小学校プログラミング教育の実践と評価−児童のプログラミングに対する認識と理解力に着目して−
北澤武、鶴田翔平、大坪みほろ(東京学芸大学)
)
主体的な「学び直し」を促す数学用ゲーミング教材のための学習者モデル
西尾真由子(東京工業大学大学院)、松田稔樹(東京工業大学/江戸川大学)
)
ARおよびVR技術を活用した覗いて学べるオシロスコープ教材の開発
大平祐介、宮嵜敬(長野工業高等専門学校)
)
小説執筆支援のためのプロット構築モデルとプロット作成支援システム
芦田淳、小尻智子(関西大学)
D会場(N204)
)
幼稚園における保護者を対象とした情報教育・情報モラル教育の効果
勝見慶子、藤村裕一、玉水克明、大平和哉、竹口幸志(鳴門教育大学大学院)
)
高校生のストレスの実態とSNS利用状況および生徒の理想の教師像の関連分析
稲葉光、北澤武(東京学芸大学)
)
情報モラル教育における感情状態の変化を捉える試み−感情に着目したイメージマップ・テスト(IMT)の再分析−
佐々木沙恵(関西大学)、堤優子、黒上晴夫(関西大学)
)
小学校低学年における情報モラル教育の指導内容及び指導方策の再検討の必要性
堀川紘子、藤村裕一、大平和哉、竹口幸志(鳴門教育大学大学院)
)
大学生の問題解決力を育成するための情報教育モデルの構築
玉田和恵(江戸川大学)、松田稔樹(東京工業大学/江戸川大学)
E会場(N301)
)
学校外のテクノロジークラブにおいてIT技術者の関わりが参加者の態度に与える影響
青木翔子、山本良太、山内祐平(東京大学大学院)
)
大学生の質問行動に関する調査研究−主体的な質問行動と知能観に着目して−
武藤浩子(早稲田大学大学院)、三尾忠男(早稲田大学)
)
大学生の参画意識を促す講義と評価のデザイン−プレゼンテーション教育の事例に着眼して−
森玲奈(帝京大学)
)
AO・推薦入試合格者の学習習慣の改善と学力向上を目的としたeラーニングの活用
菅原良、榎本達彦、落合一泰 、太田昌宏、鈴木浩子、盒尭邀せ辧∧芯預臺紂南愛、百木英明、新村聡、御厨まり子、尼岡利崇、菊地滋夫(明星大学)
)
高等教育における学習者のラーニングエクスペリエンスの形成に影響を与える要因
川本弥希、渡辺雄貴、日高一義(東京工業大学)
F会場(N302)
)
小学校通知表所見の特徴単語抽出のためのテキストマイニング手法の比較2
山崎宣次(中部学院大学)、掛川淳一、小川修史(兵庫教育大学)、加藤直樹(岐阜大学)、横山隆光(岐阜女子大学)、興戸律子(岐阜大学)、森広浩一郎(兵庫教育大学)
)
アクティブ・ラーニングにおける学習評価のための項目反応理論に基づくCBTの開発
蛯名哲也、宮澤芳光、榎本命、森本康彦(東京学芸大学)
)
ルーブリックを用いた自己評価による学習効果−小学校における新聞づくり活動を事例として−
相場奨太(小平市立小平第五小学校/玉川大学教職大学院)、佐藤和紀(杉並区立高井戸東小学校/東北大学大学院)、堀田龍也(東北大学大学院)、谷和樹(玉川大学教職大学院)
)
数学における公式の剥落と学習動機,エンゲージメント,学習観,学習方略の関係
清水優菜、守谷真一、武者尚志、成田竜也、山本光(横浜国立大学大学院)
)
事前学修と対面学修に対する自己評価の相関
西牧可織、二瓶裕之(北海道医療大学)
G会場(N303)
)
クラウドを利用した協働学習における作業履歴から見たレポート作成過程の分析
仙石昌也、宮本淳、山森孝彦、久留友紀子、橋本貴宏(愛知医科大学)
)
人間関係形成力を育成するための言語活動の一手法−役割・立場固定式グループディスカッション法−
井上久祥(上越教育大学大学院)
)
生徒の主体性と協働性に対する学級担任の影響
井奥智大、釘原直樹(大阪大学)
)
教育用SNSを活用して協調的議論をするための要件の検討
菅井道子(宮城県仙台第三高等学校/東北大学大学院)、堀田龍也、和田裕一(東北大学大学院)
)
情報コミュニケーションに関する協働的な学びのための楽曲教材の開発
伊藤大河(学習院大学)、末永貴之(桐朋中学・高等学校)、伊藤基晴(ふじみ野市立東台小学校)
H会場(N304)
)
地域連携によるコミュニケーション活性化のための学びのデザイン
武田亘明(札幌市立大学)
)
「教職実践演習」模擬授業(社会科)の振り返りに見る学年間の違い(2016年度)
藤崎聖也(信州大学)
)
全学教育課程における学問分野連携型協働学修の実践
二瓶裕之、西牧可織、足利俊彦、礒部太一、井上恒志郎、櫻井潤、新岡丈治、原田潤平、森田勲、小島悟、小田和明、和田啓爾(北海道医療大学)
)
中学校社会科と中学校理科による異教科・異学年の『学び合い』学習における生徒の意識の変化に関する研究(その2)
中島千博、三崎隆(信州大学)
)
InCircleを活用した授業外でのアクティブな相互作用の試み
魚崎典子(大阪大学)、米川孝宏(HUBネットワークス(株))、殷成久(神戸大学)
委員会挨拶・諸連絡13:05 〜 13:10
午後の部13:10 〜 15:15
A会場(N201)
)
管楽器初学者支援に向けた音楽ICT教材に関する考察
桐原礼(信州大学)、山本樹(尚美学園大学)、白神晃子、國宗永佳、森下孟(信州大学)
)
演奏音の客観的評価による管楽器演奏技能向上の試み
森下孟、桐原礼、國宗永佳、白神晃子(信州大学)
)
サッカーの攻撃戦術についての測定尺度の検討−サッカー日本代表を対象とした分析−
武者尚志、成田竜也、守谷真一、清水優菜、山本光(横浜国立大学大学院)
)
身体的演奏技術に関する気づきを促すシステムの開発
吉川遼、池尻良平、山内祐平(東京大学大学院)
)
ソフトテニスの部活動においてタブレット端末で振り返りを行う活動がファーストサービス技術向上に与える影響
内田圭、北澤武(東京学芸大学)
B会場(N202)
)
教育実践研究用e-portfolioを汎用化した履修カルテの実装
松田稔樹(東京工業大学/江戸川大学)
)
教職履修学生から若手教員に至るまでの授業評価の視点変化
石川貴彦(名寄市立大学)
)
教員養成課程の学生に対するε-δ論法の指導法の考案とその効果
成田竜也、守谷真一、武者尚志、清水優菜、山本光(横浜国立大学大学院)
)
反転授業に教育学部生の予習動画を活用することが生徒の学習意欲・学習方略・成績に与える影響
塩屋喬介、北澤武(東京学芸大学)、淺井健雄(加藤学園高等学校)
C会場(N203)
)
経済的支援を要する中学生に遠隔地から学習支援を行う学生の教職観に関する実践的研究
山浩一朗、北澤武、田嶌大樹、周村諭里、古家眞、朝倉隆司、松田恵示(東京学芸大学)
)
へき地小規模校の問題点を最小化し優位性を最大化する実践的取り組みに関する研究
田中伸、藤村裕一、大平和哉、竹口幸志(鳴門教育大学大学院)
)
全天球と従来型のデジタルビデオカメラの授業動画の違いが教育実習生の振り返りに対する認識の差異分析
大野太幹、北澤武(東京学芸大学)
)
建築家ならではの創造性の育成方策−工業高校建築系学科に焦点を当てて−
藏滿和彦、藤村裕一、大平和哉、竹口幸志(鳴門教育大学大学院)
)
総合的な学習の時間による小学校プログラミング教育の実践と評価−マインドストームを活用した学級担任による授業を通じて−
鶴田翔平、北澤武(東京学芸大学)
D会場(N204)
)
物理世界モデルによる物理的思考育成のための対話システム
和田拓也、小尻智子(関西大学)
)
プログラミング学習におけるTinkeringの支援−自己説明を通じた仕組みの理解を促すシステムの試作−
原田悠我、荒優、山内祐平(東京大学大学院)
)
メタ認知による文章題解決の研究−中学生を対象とした振り返り活動におけるメタ認知−
守谷真一、武者尚志、成田竜也、清水優菜、山本光(横浜国立大学大学院)
)
探究的な学習における反論スキルの指導の展望と提案
登本洋子(玉川学園高等部/東北大学大学院)、後藤芳文、伊藤史織(玉川学園高等部)、堀田龍也(東北大学大学院)
)
道徳授業における思考ルーチンの効果−価値葛藤教材で綱引きルーチンを用いる−
柳谷知穂、黒上晴夫(関西大学)、木村明憲(京都教育大学付属桃山小学校)
E会場(N301)
)
小学校における情報活用能力の育成を目指した年間指導計画作成の試み
六車陽一、小池翔太(立命館小学校)
)
NHK学校放送番組「しまった!」の視聴による情報活用スキルの発見数の変化
木村明憲(京都教育大学附属桃山小学校)、堀川紘子(京都市立藤城小学校)、楠本誠(松坂市立三雲中学校)、佐和伸明(柏市教育委員会)、福本徹(国立教育政策研究所)、服部里衣子(日本放送協会)、高橋純(東京学芸大学)、堀田龍也(東北大学大学院)
)
「児童のICT活用を指導する能力」の向上を目指した教員研修の実践と評価−教員免許状更新講習での取り組みから−
黒川幸輝、北澤武(東京学芸大学)、河野広和(東京学芸大学附属世田谷小学校)
)
電子書籍のメディア特性に適応した読書方略の検討
菅谷克行、関友作(茨城大学)
)
模擬授業の児童生徒役の演技を促す手法の検討
佐久間大(東京工業大学大学院)、高石哲巳、今井智貴、畠野真理子、長谷川勝久(東洋大学)、 室田真男(東京工業大学大学院)
F会場(N302)
)
小学校におけるミドルリーダー・管理職の職務と成長に関する調査と研修開発の試み−校長の職務と能力向上に関する一考察−
脇本健弘(横浜国立大学)、木村充(東京大学)、町支大祐(青山学院大学)、中尾教子、平野智紀(内田洋行教育総合研究所)、野中陽一、大内美智子(横浜国立大学)
)
教員の資質能力の向上を目指したLINEのグループ環境における教員のコミュニティ活動に関する研究
鹽長就、北澤武(東京学芸大学)
)
センター型研修の校内への伝達と校内研究との関係に関する一考察
町支大祐(青山学院大学)、中田正弘、坂田哲人(帝京大学)、脇本健弘(横浜国立大学)
)
教師視点の映像記録を活用した授業の多元的記録・分析・構成方法の研究(3)
後藤明史(名古屋大学)、平山勉、谷口正明(名城大学)
)
学校研究の発展のために教育委員会指導主事が果たす役割のルーブリックの改善
島田希(大阪市立大学大学院)、木原俊行、寺嶋浩介(大阪教育大学大学院)
G会場(N303)
)
アクティブ・ラーニングの学習評価のモデル化
森本康彦、伊藤明裕、丸山浩平、宮澤芳光(東京学芸大学)
)
高校数学科における探究活動を目指した授業デザイン−アクティブラーニングに着目して−
池田真結、郷原惇平、水飼巌(東京理科大学大学院)、渡辺雄貴(東京工業大学)、佐古彰史(東京理科大学大学院)
)
情報倫理教育におけるアクティブ・ラーニング導入の試み−特別講義での相互評価を踏まえて−
中村佐里(自由学園高等科)、遠藤敏喜(自由学園最高学部)、波多野和彦(江戸川大学)
)
家政科教育の中で「提案する力」をつけるためのアクティブラーニング型授業方法論の検討
土肥麻佐子(大妻女子大学短期大学部)、西村悟史、福田賢一郎、西村拓一(産業技術総合研究所)
)
国語科「読むこと」におけるビジュアル・リテラシー実践の研究
松木泰裕、中村純子(東京学芸大学大学院)
H会場(N304)
)
小学校第6学年理科の『学び合い』の授業において現れた理科における性差を感じている児童と理科における性差を感じていない児童の会話ケースに関する研究
山口美貴(信州大学)、青木幹昌(高崎市立倉賀野小学校)、三崎隆(信州大学)
)
小学校理科の『学び合い』授業における理科の塾に通っている児童とそうでない児童の会話ケースについての研究(その2)
田中沙和(信州大学)、青木幹昌(高崎市立倉賀野小学校)、三崎隆(信州大学)
)
理科の学習に苦手意識を持っている児童とそうでない児童の『学び合い』における会話ケースの特徴に関する研究
浅野敏章(信州大学)、青木幹昌(高崎市立倉賀野小学校)、三崎隆(信州大学)
)
小学校における効果的な「きょうどう」学習の成立要件に関する研究
前多香織、藤村裕一、大平和哉、竹口幸志(鳴門教育大学大学院)
)
小学校防災教育における話し合い活動の分析
村田博基(信州大学大学院)、東原義訓(信州大学)、五十嵐俊子(日野市立平山小学校)
午後の部15:30 〜 17:35
A会場(N201)
)
科目選択支援にSDLRSを用いるシステム開発のための基礎研究−成績との関係の検討−
松田岳士(首都大東京)、渡辺雄貴(東京工業大学)、重田勝介(北海道大学)、近藤伸彦(首都大学東京)、加藤浩(放送大学)
)
プレゼンテーションスキル育成のためのコンテンツ印象診断システム
徳永悠作、小尻智子(関西大学)
)
筆記課題を採点するシステムの試作
五月女仁子(日本女子体育大学)
)
状態変化に基づいた歴史事象パズルピースを用いた因果関係図作成支援
浦辻大地(関西大学)、徳竹圭太郎(広尾学園中学高等学校)、小尻智子(関西大学)
B会場(N202)
)
高校「データ分析」で問題解決力を育成するための教材設計フレームワークの検討と実践
合田智一(東京工業大学大学院)、松田稔樹(東京工業大学/江戸川大学)
)
PBLの最小要件を備えた授業モデルの提案−教科「情報」を例として−
木村竜也、伊藤大輔(金沢工業大学)
)
「問題解決の縦糸・横糸モデル」に基づく情報科で指導すべき内部知識の体系化
上遠野貴広(東京工業大学大学院)、松田稔樹(東京工業大学/江戸川大学)
)
初年次導入教育におけるスラックラインを用いた授業のデザインと効果
奥田麻衣(神奈川大学)
)
小中一貫教育における効果的な連携方法についての検討−鳥取県の3校でのインタビュー調査を踏まえて−
松山高士、深見俊崇(島根大学)
C会場(N203)
)
青年中期の発達特性を活かした「グローバル人材」育成と異文化理解
前田淳司、藤村裕一、大平和哉、竹口幸志(鳴門教育大学大学院)
)
日本とフィリピンの高校生におけるインターネット利用意識の国際比較
近藤千香(東京工業大学附属科学技術高等学校)、玉田和恵(江戸川大学)、松田稔樹(東京工業大学/江戸川大学)
)
ESDに関する批判的考察−地域社会の未来を築こうとする児童育成の成立要件−
山本誠、藤村裕一、大平和哉、竹口幸志(鳴門教育大学大学院)
)
初修外国語(フランス語)における授業実践を想定したデジタル教科書の設計
有富智世、喜久川功(常葉大学)
)
フォトランゲージに対する質的研究法を用いた評価の実践
増山一光(県立神奈川総合産業高等学校)
D会場(N204)
)
学習者用デジタル教科書ビューワの開発とそれがもたらす学びの形の変化についての実証
小林信輔(東京学芸大学大学院)、加藤直樹(東京学芸大学)
)
「アクティブ・ラーニング」の視点からの授業改善を目指した指導計画作成演習の実践−ICT機器を活用して−
福本徹(国立教育政策研究所)
)
タブレットを活用した解説の表示方法が学習意欲や正答率に与える影響
吉本直豊、北澤武(東京学芸大学)
)
授業デザインの過程で蓄積されたログデータを用いたダッシュボードの効果検証
松本裕里、森本康彦、榎本命、宮寺庸造(東京学芸大学)
)
ICTを活用したアクティブラーニングによる水泳指導の開発と評価−水泳フォームのアノテーションが主体的,協働的な学びに与える効果−
渡辺峻大(上越教育大学大学院)、井上久祥(上越教育大学)
E会場(N301)
)
オンライン大学の社会人学生はどのような動機で入学するのか
田中理恵子(早稲田大学大学院)、向後千春(早稲田大学)
)
生活習慣による情報活用の実践力の比較分析−小学5・6年生を対象として−
伊藤大輔、木村竜也(金沢工業大学)、磯部征尊、鈴木一成(愛知教育大学)
)
意識する相手による科学的な概念の理解の差
野口聡(京都外国語大学)、田中雄也(寝屋川市立第八中学校)
)
専門学校における医療事務観・医療事務員観とそれに基づく能力育成の可能性
中井里美、藤村裕一、大平和哉、竹口幸志(鳴門教育大学大学院)
)
自己学習のための学習技能の習得と活用を促す指導法とそれに基づく教材の開発
井出未来(東京工業大学)、松田稔樹(東京工業大学/江戸川大学)
F会場(N302)
)
中学校技術科における3D-CAD,3Dプリンターの利用
矢代祐介(信州大学教育学部附属松本中学校)、村松浩幸(信州大学)
)
3次元の多声的視点転換機能を持つタンジブル人形劇システムによる授業シミュレーションの検討
望月俊男(専修大学)、佐々木博史(神戸大学)、脇本健弘(横浜国立大学)、平山涼也、吉田定秀、宮脇光輝、山口裕大(専修大学)、舟生日出男(創価大学)、鈴木栄幸(茨城大学)、久保田善彦(宇都宮大学)、加藤浩(放送大学)
)
モバイル端末でプレゼンテーションの相互評価を実現するビデオプレゼンテーション評価システムの開発と実践
倉田伸(長崎大学/東京工業大学大学院)、藤木卓(長崎大学)、室田真男(東京工業大学)
G会場(N303)
)
機能機構階層図を用いた知識構成型ジグソー法教材の設計と授業実践
大崎理乃(産業技術大学院大学)
)
成人の趣味活動における興味の深まりと学習環境の関係−アマチュア・オーケストラ活動に着目して−
杉山昂平(東京大学大学院)、森玲奈(帝京大学)、山内祐平(東京大学大学院)
)
レポート・ライティングにおけるプランニング過程の可視化システムの開発と試行
舘野泰一(立教大学)、大川内隆朗(帝京大学)、平野智紀(内田洋行教育総合研究所)
)
TBL形式の基礎医学授業におけるブレンド型学習のデザイン
清水郁夫、多田剛(信州大学)
)
学力の3要素を育てるICT学習支援システム開発および立命館守山中学校における実証実験
犬飼龍馬(私立立命館守山中学校・高等学校)、河野碧(株式会社電通国際情報サービス)
H会場(N304)
)
ディープ・アクティブラーニングのための問いと関係性のデザインと実践I
山川修(福井県立大学)、田中洋一(仁愛女子短期大学)、谷内眞之助(福井県立大学)、長水壽寛(福井工業高等専門学校)、近藤晶(福井工業大学)
)
ディープ・アクティブラーニングのための問いと関係性のデザインと実践II
田中洋一(仁愛女子短期大学)、山川修、谷内眞之助(福井県立大学)、長水壽寛(福井工業高等専門学校)、近藤晶(福井工業大学)
)
学生のラーニング・コモンズに対する利用意欲とチームワーク能力との関係
帖佐和加子(東北学院大学大学院)、遠海友紀、嶋田みのり、萩原俊彦、稲垣忠(東北学院大学)
)
統合ゼミ活動支援システムにおけるファシリテーション能力育成の試み
米谷雄介、岸田晃、永岡慶三(早稲田大学)
)
統合ゼミ活動支援システムにおける個別評価項目を用いたプレゼンテーション能力育成の試み
山方沙耶佳、米谷雄介、永岡慶三(早稲田大学)
日本教育工学会