ICT を活用した教育実践と授業改善/一般


原稿の提出は、研究会発表申込・原稿投稿申込フォームより提出願います。

●日  時:2013年3月2日(土)
●会  場:三重大学 教育学部専門校舎1号館・A会場(201 教室), B会場(301 教室), C会場(302 教室), D 会場(303 教室)
(〒514-8507 三重県津市栗真町屋町 1577 )三重大学へのアクセス
●開催担当:須曽野仁志(三重大学 教育学部附属教育実践総合センター)

参加のための事前申し込みは必要ございません。参加費は無料です。
研究会報告集の年間予約購読代金(3,500円)を支払い済みの本学会会員以外の方は,報告集代として1,000円を当日受付にてお支払いください。ま た,当日受付にて年間予約購読の申し込みも可能です。尚,年会費には研究会報告集の年間購読代金は含まれておりませんのでご注意ください。

●発表時間:当研究会は会員・非会員による討論の場を作ることを目的として開催しております。討論時間を確保するために持ち時間24分において質疑応答の時間を5分以上は確保していただいております。よろしくご理解願います。

●交通案内:自家用車でご来場いただくことはできません。公共交通機関をご利用ください。
名古屋方面からは近鉄/JRで1時間,大阪・京都方面からは近鉄で1.5~2時間で津駅に到着します.

<JR 津/近鉄津駅・東口より>
【三重交通バス】〔4番乗り場〕
「白塚駅前」「太陽の街」「三重病院」「椋 本」「豊里ネオポリス」「サイエンスシティ」「高田高校前」「三行」行きで,「大学前」下車約 10 分. 「大学病院前」の次が「大学前」です.下車後,前に見える国道横断歩道を横切ると,正面に大学正門があります.タクシーなら「三重大学教育学部」と指定すると,5~10 分程度で教育学部に着きます.

<近鉄江戸橋駅より>
改札を出て,コンビニがある通りを左へ,徒歩約 20 分. 航空機利用の場合,セントレア(中部国際空港)から高速船 45 分で津なぎさまち(港)へ到着します.

詳しくは,三重大学の交通案内をご覧ください (http://www.mie-u.ac.jp/traffic/index.html)

●お知らせ:
・昼食案内:学内にある大学生協食堂は,春休み中のため営業していません.大学正門を出てから歩いて 5 ~10 分以内に飲食店がありますのでご案内します.コンビニは会場から歩いて 10 分程度かかります.
・情報交換会のご案内:研究会終了後,情報交換会を開催予定です.詳細はこちらを御覧ください.


●プログラム:        発表時間:発表1件につき24分(発表19分,質疑5分)の持ち時間です。
諸連絡(9:55-10:00)
午前の部 (10:00-12:05)
A会場(201教室) B会場(301教室) C会場(302教室) D会場(303教室)
A1)画像処理技術を用いた教職課程の学生の移動動作の可視化に関する基礎検討
丹羽一平,澤野弘明,坂本將暢,中條直也(愛知工業大学)

A2)課題学習用 ICT ゲーミング教材の改良と教師教育での活用
伊東友里絵,松田稔樹(東京工業大学大学院)

A3)修士論文研究で問題解決力育成を図るための e-portfolio システム -文献研究と専門用語学習のための基本機能の実装と評価-
島田善一郎,松田稔樹(東京工業大学大学院)

A4)e ラーニングによる統計学の入門科目受講が社会人学生の認知と態度に与える影響
柄本健太郎(東京学芸大学大学院),冨永敦子(早稲田大学),三溝雄史(芦屋大学), 向後千春(早稲田大学学術院)

A5)教材設計基礎科目における『教材企画書チェックリスト』に基づいた指導内容の分析
高橋暁子,根本淳子,鈴木克明(熊本大学大学院)

B1)教科書連動型 Web 教材を活用した初修外国語教育(フランス語)の授業実践
有富智世,喜久川功(富士常葉大学)

B2)聴覚障がい児童向けの日本語文法学習支援 e ラーニング教材の開発
石井玲佳,松永信介,稲葉竹俊(東京工科大学大学院)

B3)フレーズ・リーディングを利用した外国人留学生向け日本語読み練習教材の開発と評価
三浦麗(東京工科大学大学院),近藤真宣(拓殖大学),安藤公彦,松永信介,稲葉竹俊(東京工科大学大学院)

B4)英単語学習支援システムにおける記憶メカニズムの活用についての検討 -系列位置効果に着目したケーススタディ-
蒋杰翔,鄒亜亨,柏木治美,康敏(神戸大学)

B5)ビデオ会議国際遠隔学習における授業形態とその効果の比較
佐々木真理(京都教育大学)
C1)クリエイティブ人材育成のための実践的学び
武田亘明(札幌市立大学)

C2)メディア・ユニバーサルデザインのコンペと企業提案に関する PBL 報告
酒井浩二(京都光華女子大学)

C3)キャリア形成の視点から考える中学生の進路指導に関する研究 -自己決定能力育成をめざして-
佐藤晶紀(鳴門教育大学大学院),藤村裕一(鳴門教育大学)

C4)社会で必要な能力の調査における自由記述分析の結果
清水康敬(東京工業大学),小泉力一(尚美学園大学)

C5)主張と関連情報の可視化と比較・吟味に基づく合意創成型議論の試み
舟生日出男(創価大学),鈴木栄幸(茨城大学),久保田善彦(上越教育大学大学院)
D1)対話による意味生成的な美術鑑賞教育における美術鑑賞シンキングツール「スパイダーチャート」の開発及び活用に関する研究
> 向角典倫(東近江市立朝桜中学校)

D2)ARCS 動機づけモデルに基づく Course Interest Survey 日本語版尺度の検討
川上祐子(早稲田大学大学院),向後千春(早稲田大学学術院)
D3)記憶ストラテジーと脳波の関係について
内田保子(放送大学大学院),福本徹(国立教育政策研究所),星薫(放送大学大学院)

D4)プロジェクト進行の効率化を目的としたモチベーション評価手法の提案
安次嶺壮太,岸本航平,後藤健太,紫垣亜希,續木光,中村朋央,原田椋平,溝越眺,大柳陽一(自由学園)

D5)リアルタイムお笑い評価システムの検証
東本崇仁(東京理科大学),野口亮,永岡慶三(早稲田大学学術院)
昼食(12:05-13:30)
委員会挨拶・諸連絡(13:30-13:35)
午後の部-第一部 (13:35-15:15)
A会場(201教室) B会場(301教室) C会場(302教室) D会場(303教室)
A6)21 世紀型スキルと Evidence-Centered Assessment Design -高校における CSCL を用いた授業実践と授業評価-
荒巻恵子(東京大学)

A7)ソーシャルネットワーク分析を用いた小学校 2 年生児童の集団形成過程に関する研究
市川雅恵(放送大学大学院),福本徹,白水始(国立教育政策研究所),山田雅之(総合研究大学院大学) 星薫(放送大学大学院)

A8)教科「情報」、六色ハット発想法を用いたオンラインディスカッション授業の改善
中井良(早稲田大学大学院),橋本翔矢(早稲田大学),永岡慶三(早稲田大学学術院)

A9)集散的創造活動を通した多声・文脈横断的アイデアの生成
鈴木栄幸(茨城大学),舟生日出男(創価大学),久保田善彦(上越教育大学大学院)
B6)授業内外の学習を支援する環境整備とその評価 -学科 FD を事例として-
今野貴之,遠西学,皆川武,西尾典洋,溝尻真也(目白大学)

B7)フューチャースクール藤の木小学校における実践と成果
小島史子,堀達司,島本圭子(広島市立藤の木学校),堀田龍也(玉川大学教職大学院)

B8)教師の ICT 活用指導力を向上させるための教員研修プログラムの開発 -協働と省察を取り入れたワークショップ型研修を通して-
袴田順子,南部昌敏(上越教育大学大学院)

B9)カリキュラム改善を目指したコースポートフォリオの作成・共有の試み -大阪府立大学高専メカトロニクスコースを事例として-
田口真奈,酒井博之(京都大学),大山牧子(京都大学大学院/日本学術振興会),藪厚生,金田忠裕,土井智晴(大阪府立大学工業高等専門学校)
C6)教員の著作権に関する知識・意識・行動の調査結果
山本光(横浜国立大学),名取洋典(早稲田大学),中尾教子(内田洋行教育総合研究所),額田順二,野中陽一(横浜国立大学)

C7)知財教育の一環としての著作権指導に関する一考察 -図書資料の著作権表示調査から-
世良清(三重県立津商業高等学校)

C8)メディア特性の理解の現職教員と大学生の比較
後藤康志(新潟大学)

C9)大学生の授業中のケータイ使用とその意識
立野貴之(松蔭大学),加藤尚吾(東京女子大学),加藤由樹(相模女子大学)
D6)「ワークショップの教育工学」のための予備的考察
森玲奈(東京大学大学院),北村智(東京経済大学)

D7)ワークショップにおける自閉症児と健常児の社会的相互作用に関する研究
山田小百合,森玲奈,山内祐平(東京大学大学院)

D8)日本教育工学会 FD ワークショップの改善
根本淳子,高橋暁子,鈴木克明(熊本大学大学院)

D9)教員がソーシャルスキル教育を実践するための教員研修プログラム開発の試み
岡田佳子(芝浦工業大学)
午後の部-第二部 (15:30-17:35)
A会場(201教室) B会場(301教室) C会場(302教室) D会場(303教室)
A10)リメディアル教育の実践及び携帯ポータルサイトを用いた読書活動の必修化の効果
柳沢昌義,久保田まり,秋本倫子,下坂英(東洋英和女学院大学)

A11)韓国の大学において ICT 機器を活用した理科教育の実践
孔泳泰(晋州教育大学)

A12)タンジブル地球儀による天文学習支援の研究
鈴木靖幸,葛岡英明(筑波大学大学院),山下直美(NTT コミュニケーション科学基礎研究所), 加藤浩(放送大学),鈴木栄幸(茨城大学),久保田善彦(上越教育大学大学院)

A13)月の満ち欠けの理解を促す AR 教材の開発
小松祐貴,渡邉悠也,鬼木哲人(上越教育大学大学院),大崎貢(上越市立城北中学校), 中野博幸,久保田善彦(上越教育大学大学院)

A14)Unity とタブレットを用いた入門者向けソートアルゴリズム学習教材の開発
大平祐介,宮嵜敬(長野工業高等専門学校)
B10)タブレット端末を活用したテストの出題形式が動機づけに与える影響 -大学生のテスト接近・回避傾向に着目して-
北澤武(東京未来大学/教育テスト研究センター)

B11)励ましメールによる学修改善指導の提案と,その有効性評価
西中間悠,佐野香,小林浩(東京電機大学大学院)

B12)能動的学習効果を期待した多肢選択式試験 WBT システムの実装と評価
砂田翔平,尾崎亮,上嶋明,小畑正貴(岡山理科大学大学院)

B13)人権教育展示におけるタブレット端末を用いた感想共有システムの評価
堀井広伸(放送大学大学院/創価学会展示制作部),辻靖彦(放送大学)

B14)ID 基礎力養成サイト構築に向けた ID ツールの分類
井ノ上憲司(熊本大学大学院),市川尚(岩手県立大学),根本淳子,鈴木克明(熊本大学大学院)

C10)『小学生用 IDEA CARD』を活用した児童の対話の試み
浦野弘(秋田大学),加賀秀和(秋田大学大学院)

C11)学術共同体における中心性の変化と役割獲得 -共同体参加過程に対するネットワークアプローチ-
北村智(東京経済大学),脇本健弘(青山学院大学),松河秀哉(大阪大学)

C12)子どもを中心とした学校と地域の在り方に関する研究
池田由利加(鳴門教育大学大学院),藤村裕一(鳴門教育大学)

C13)UAL method と FEMA 災害対応循環図による「防災・復興教育」
富永翔一(鳴門教育大学大学院),藤村裕一,田村和之(鳴門教育大学)

C14)ペルソナ手法を用いたマニュアル制作授業の実践
冨永敦子(早稲田大学)
D10)看護専門学校における基礎的情報教育で得た授業改善の一考察
神谷勇毅(至学館大学)

D11)情報科教育法向け模擬授業ゲームの開発 -指導法の効果・影響をフィードバックする学習者モデルの導入-
松田稔樹(東京工業大学大学院)

D12)中学生を対象としたインターネットトラブルの機能的理解に基づくシナリオ型教材の検討
福田匡史,古川宏(筑波大学大学院)

D13)情報モラル学習に気楽に取り組むための「ネットモラルけんてい」の開発
堀田龍也(玉川大学教職大学院),高橋純,高坂貴宏(富山大学),平松茂(環太平洋大学),桐野志摩美(広島県教科用図書販売株式会社)

D14)教師と教師志望学生の授業記録を読む手がかりの比較
三橋功一,山崎正吉(北海道教育大学),梅澤実(帝京科学大学)