SIG-13

イベント

第1回研究会

日時

2019年2月17日(日) 10:00-14:00

会場

午前の部:東京学芸大学(小金井キャンパス) 自然科学棟N106
アクセスマップはこちら
住所:〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1

午後の部:東京学芸大こども未来研究所 Codolabo studio
アクセスマップはこちら
住所:〒184-0004 東京都小金井市本町6-5-3 シャトー小金井#109

対象

STEM教育に興味をお持ちの学校関係者など

内容

午前の部

(1)米国におけるSTEM教育:設立経緯から実践事例まで
齊藤智樹先生(国立教育政策研究所)

(2)学校教育におけるSTEM教育のデザイン:技術科を中心とした教科横断型の学び
大谷忠先生(東京学芸大学)

<昼食休憩>

午後の部

(3)インフォーマルなSTEM教育の実践:こども未来研究所の事例
木村優里先生(NPO法人東京学芸大こども未来研究所)

 本研究会では,日本教育工学会全国大会のSIGセッションにご登壇くださった2名の先生を再びお呼びし,情報提供をしていただきます.まず,齊藤智樹先生(国立教育政策研究所)から,米国におけるSTEM教育の設立経緯や実践事例をご紹介いただき,米国におけるSTEM教育とはどのような学びなのか解説していただきます.次に,大谷忠先生(東京学芸大学)から,日本のカリキュラムにおいてどのようにSTEM教育をデザインしたらよいのか,理論を踏まえてお話しいただきます.最後に,木村優里先生(NPO法人東京学芸大こども未来研究所)から,NPO法人として実際に行なっているインフォーマルなSTEM教育の事例をご紹介いただきます.