SIG-05 SIG-08 SIG-09

イベント

合同研究会のお知らせ「参加型文化の時代におけるメディア・リテラシーを考える」

 2018年2月3日(土)に「参加型文化の時代におけるメディア・リテラシー ―言葉・映像・文化の学習」の読書会を開催いたします。この研究会は、この本に関連する3つのSIG(ゲーム学習・オープンエデュケーション/メディア・リテラシー、メディア教育/質的研究)で企画しました。参加型文化の時代におけるメディア・リテラシーをどのように実践そして研究していくかについて、それぞれの専門領域から対話を通して理解を深めたいと思います。

 セミナーでは、下記の輪読図書を事前に精読していただいた上で、輪講に参加することが前提になります。また、8名の参加者に分担していただき内容確認のために発表していただきます。発表希望は申し込み段階でお伺いさせて頂き、定員を超過した場合の参加は発表希望の方を優先させて頂きます。少人数(20名)での議論を予定しております。

輪読図書

アンドリュー・バーン(著),奥泉香(編)(2017)
『参加型文化の時代におけるメディア・リテラシー ―言葉・映像・文化の学習』 くろしお出版


  • 日 時:2018年2月3日(土)13:00-17:00
  • 場 所:明治大学中野キャンパス 1403教室
  • 題 目:「参加型文化の時代におけるメディア・リテラシーを考える」
  • 人 数:20名
  • 参加費:無料
  • 講 師:横浜国立大学 石田喜美先生(輪読図書訳者)
  • 企 画:岸磨貴子(明治大)、福山 佑樹(東京大)、宇治橋祐之(NHK)
  • 備 考:セミナー後、懇親会を実施予定