日本学術会議 会員専用ページ 入会申込
ENGLISH
日本教育工学会 JAPAN SOCIETY FOR EDUCATIONAL TECHNOLOGY
  • MAP
  • お問合せ
  • JSET NEWS
  • 合宿
  • 研究会
  • 全国大会
  • シンポジウム
  • 産学共同セミナー
  • SIG活動

会長ご挨拶

バックナンバー

  教育工学研究の特性と今後の展開について(2007年2月5日)
日本教育工学会 第5代会長 赤堀侃司
 

2007年を迎えて、学会員の皆様も、ますます研究や教育にご活躍のことと思います。
今年も学会の発展のために、どうぞ、よろしくお願いします。本学会は、会員の皆様の努力で、研究内容も研究方法も、幅広くなってきました。
このため、教育工学とはどのような研究をする分野だと問われることも多く、他分野の人に、どのように説明したらいいかわからないという声も聞かれました。
このため、明確な定義は難しいが、中期目標としての重点研究内容を設定して、これを昨年に公表しました。
関西大学の全体会議で、これを説明しましたが、その前に、教育工学の特性を改めて見直すことが必要だと感じ、私の考えを、以下述べます。

 (1) 時代と共に、テーマが移っていく

 例えば、代表的な研究テーマを追ってみると、CAI/CMI、インターネットの教育利用、情報教育、eラーニングなどと移ってきました。
これに対して、教育工学は、メディアと道具の追求かという声も聞かれることもありますが、私は、この時代と共に移ることが、教育工学が発展する特性だと思います。
 (2) 教育政策と連動して、移っている

 例えば、情報教育の推進、総合的な学習、メディア活用、eラーニングなど、確かに時代の教育政策と連動しています。
これに対して、何故だという声も聞かれますが、教育工学は、真理の探究というよりも、社会と共に動くという特性があると思います。
 (3) 研究方法も、時代と共に移っていく

 例えば、実験計画、認知モデル、状況的学習など、どの研究方法も受け入れるという特性があります。
理工学のように、確立した方法はないのかという声も聞かれますが、むしろこれが教育工学の特性だと思います。
 (4) 授業に関わるテーマを追求する

 例えば、授業研究、インストラクショナルデザイン、メディア研究、情報教育など、授業に関わるテーマは、一貫して追求してきたと思います。
これに対して、複雑な授業を解明できるのかという声も聞かれますが、授業は教育の本質なので、教育工学からのアプローチで追求していると考えられます。
 (5) 教育実践を、重視する

 これは、教育工学らしい特質だと思いますが、実践から学ぶことが多いこと、現実の教育は複雑であること、 理論との橋渡しが必要という認識に基づいていると思います。
それでは、学校現場における研究との違いは何かという声もありますが、理論と実践との橋渡しに、意義があると思います。
 (6) 道具を、持ち込む

 例えば、携帯電話、PDA、ipodなど、新しい道具の教育への可能性を評価する研究が、多く見られます。
これは、教育工学らしいテーマですが、教育の本質に関われるかという声も聞かれますが、私は、道具を通して、人との関わりを見ているので、教育を別の角度から分析しているのだと思います。
 (7) 教育に、役立つ

 教育工学は、教育とは何かという理学よりも、どう役立つかという工学に近い発想をしていると思います。
改善すること、PDCAのサイクルで、役立つ研究をする特性を持っています。役立つ研究は、すぐに役立たなくなるという声も聞かれますが、例えば、医学の基礎と臨床のような関係で、現実の教育の改善を目指していると思います。

 以上のように、教育工学とは何か、他分野の人に、どう伝えればいいのか、という問いに私なりに応え、具体的な研究分野として、中期の重点研究の設定を行いました。
今後とも、教育工学研究の発展のために、どうぞ、よろしくお願いします。


バックナンバー

ページトップへ

日本教育工学会 事務局 TEL:03-5549-2263/FAX:03-5575-5366
〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13三会堂ビル8階