発表できなくなった場合

 やむを得ない事情で発表できなくなった場合には,次の対応ができます.事態が発生したら直ちに手続きをしてください.

  • A 発表者交代
     共著者であること,会員であること,年会費および参加費を納入済であること,他の発表との重複発表にならないことを条件に,発表者を交代できます.ただし,大会前に大会企画委員会に申し出て許可を得なければなりません.(この申請期限は過ぎました)
  • B 代理発表
     当日急に発表ができなくなった場合等は,共著者であれば,代理発表をすることができます.座長に申し出て,許可を得てください.ただし,これは,参加者へ発表内容をより分かりやすく伝えるために実施するものであり,代理発表者の発表業績と認めるものではありませんし,元の発表者の業績としても記録されません.
  • C 発表取り消し
     発表を取り消される場合は,大会企画委員会に連絡ください.この場合,論文集に原稿が掲載されていても,発表者の業績としてみなすことはできません(学会から提供する発表リストから削除します).なお,ポスター発表については,ポスターを掲示していても発表者が会場にいない場合は,発表取り消しとなりますので,ご注意下さい.