日本学術会議 会員専用ページ 入会申込
ENGLISH
日本教育工学会 JAPAN SOCIETY FOR EDUCATIONAL TECHNOLOGY
  • MAP
  • お問合せ
  • JSET NEWS
  • 合宿
  • 研究会
  • 全国大会
  • シンポジウム
  • 産学共同セミナー
  • SIG活動

合宿研究会

  2008年 冬の合宿研究会
テーマ「高等教育現場における教育技術を問う 」
 
   
   基調講演及び登壇者が決まりました。参加希望の方は申し込みお急ぎ下さい!
締切は2月7日です。なお、会場の関係で定員を30名とさせていただきます。
定員になり次第締め切らせていただきます。

 「FD」の言葉もすっかり定着し,高等教育現場でさかんに授業やカリキュラムの改善が試みられるようになりました.何をするか?どのようにするか?という段階も過ぎ,日々の実質的な成果の積み重ねが求められています.多様な学生の現状,変化する教育ニーズの中でも,核となるのは教員の教育技術であり,その向上を助けるためのさまざまな理論,道具を教育工学は提供してきました.冬の合宿では,あらためてFDに対して教育工学の視点からどのようなアプローチが可能なのか,研究者としての立場と高等教育に携わる教員の立場の両面から,その可能性を探ります.

日時: 2009年2月21日(土)13:00 〜 22日(日)12:00
会場: 山鹿温泉 旅館細川(熊本県山鹿市大字宗方150: 0968-43-2231)
http://www.yamagaonsen.com/
対象: テーマに関心を持つ研究者・学生
定員: 30名(定員になり次第締切ります。)
参加費: 13,000円(資料代・1泊3食付きの宿泊代・会場費を含む)
参加申し込み: 下記の『参加申し込み』をクリックしてください。
申込フォームが開きます。現地までのアクセス方法についてご確認の上、お申し込みください。
参加申し込み

■スケジュール:
21日
13:00 あいさつ
13:15 教育技術とFDを考えるワークショップ開催にあたって:
(コーディネータ:村川雅 弘・鳴門教育大学)
14:00 ワークショップ:
カリキュラムデザイン,ICT利用,FD,学習評価,eラーニングなどをテーマにサブグループに分かれたワークショップを開催します.参加者には,サブグループのテーマに関する実践事例などを持ち寄って討議してもらう予定です.
22日
09:00 パネル:ワークショップを振り返って
総括協議(コーディネータ:鈴木克明・熊本大学)
10:30 基調講演「高等教育現場における教育技術を問う」
(登壇者:宮田 仁・滋賀大学)
12:00 昼食後解散


お問い合わせ先:
 冬の合宿担当 鈴木克明(熊本大学)
 



ページトップへ

日本教育工学会 事務局 TEL:03-5549-2263/FAX:03-5575-5366
〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13三会堂ビル8階