原稿の提出は、研究会発表申込・原稿投稿申込フォームより提出願います。

開催日
2019年12月14日(土)
会場
東洋英和女学院大学横浜校地 5号館
※キャンパスマップはこちら
※受付は5号館1階エントランスホールです
開催担当
酒井郷平(東洋英和女学院大学) 連絡先: sakai.kyohei[at]toyoeiwa.ac.jp *[at]を@に変えてご連絡ください

参加のための事前申し込みは必要ございません。参加費は無料です。

研究会報告集の年間予約購読代金(3,000円)を支払い済みの本学会会員以外の方は,報告集代として1,000円を当日受付にてお支払いください。 また,当日受付にて年間予約購読の申し込みも可能です。 なお,年会費には研究会報告集の年間購読代金は含まれておりませんのでご注意ください。

発表時間
当研究会は会員・非会員による討論の場を作ることを目的として開催しております。 討論時間を確保するために,持ち時間24分において質疑応答の時間を5分以上は確保していただいております。 よろしくご理解願います。
交通案内
・東急田園都市線「青葉台」駅から東急バス「郵便局前」(約15分)。バス停から徒歩5分。
・JR「十日市場」駅から東急バス「郵便局前」(約5分)。バス停から徒歩5分。
※詳しい交通案内はこちら
※キャンパス内に駐車場はございませんので,公共交通機関を利用してお越しください
お知らせ
・昼食等案内:キャンパス内にコンビニがございますが,品数に限りがございますので,ご心配な場合はあらかじめご準備いただくことをお勧めいたします。また,当日に食堂等の営業はございません。
プログラム 発表時間:発表1件につき24分 (発表19分,質疑5分)の持ち時間です。
諸連絡10:00 〜 10:05
午前の部10:05 〜 12:10
A会場(1階5101教室)
)
質問作り(QFT)を用いた道徳科における情報モラルの授業
長谷川元洋(金城学院大学),尾崎廉(元創造教育研究所),金子大輔(北星学園大学)
)
専門学校におけるiButシステムを利用した情報モラル教育の実施報告−インターネット社会に向けて−
木崎悟(日本工学院八王子専門学校)
)
高等学校現代文の授業における情報モラル教育の試み
大井良知(大阪教育大学附属高等学校池田校舎)
)
著作権法の制度は,著作者を保護しているのか. −各種学会の投稿規定から考える−
世良清(三重県立津商業高等学校)
B会場(2階5202教室)
)
学生の子どもへのかかわり意識が教職志望意識の形成に及ぼす影響
丸岡俊之(近畿大学)
)
小中学校の若手教師の成長に関する縦断調査−初任期における困難−
睫擇泙気,脇本健弘,野中陽一,泉真由子(横浜国立大学),柳澤尚利(横浜市教育委員会)
)
若手教員に求められる資質・能力の明確化と校内研修プログラムの開発 −学習指導に関する実践的指導力の育成に焦点化して−
安島祐治(聖徳大学大学院),山崎奈々絵,南部昌敏(聖徳大学)
)
教師効力感と校内研究に対する意識の関連
石原浩一,泰山裕(鳴門教育大学大学院)
)
授業観が授業のみえに及ぼす影響
後藤康志(新潟大学)
C会場(2階5203教室)
)
客観的臨床能力試験の医療面接における模擬患者評価表の基準関連妥当性について
田邊聖,高裕子,岡真由美(川崎医療福祉大学),是村由佳(コレムラ技研)
)
問題解決力を育成するための特別活動の取り組み −集団での合意形成を目指した話合い活動の実践−
近藤千香(東京工業大学附属科学技術高等学校),玉田和恵(江戸川大学),松田稔樹(東京工業大学)
)
生徒の学校適応感に基づく学級力の一考察
斎藤まゆみ,遠見繁也(新潟市立大形中学校),伊藤大輔(秋田県立大学),磯部征尊(愛知教育大学)
)
雑談の盛り上がりと連想能力の関連
増田大地,佐藤遥紀,上岡稀生子(東京大学),野並新(東京大学大学院),椿本弥生(東京大学)
)
高等教育における学習空間のデザインの変遷
林一雅(国士舘大学)
D会場(2階5204教室)
)
作業課題を通した保育者倫理醸成の試み
波多野和彦(江戸川大学),中村佐里(自由学園)
)
スタディスキル修得支援に向けた学生課題の取り組みにおける課題分割手法の影響分析とその評価
鈴木一輝(愛知県立大学大学院),奥田隆史(愛知県立大学)
)
先行知識の多少による説明的文章のわかりやすさへの影響
高山泰子,塚田遊磨(東京大学),野並新(東京大学大学院),椿本弥生(東京大学)
)
ベテラン・チューターによるつまずきの診断から克服までのscaffoldingストラテジー
中村美智子,冨永敦子,大塚裕子(公立はこだて未来大学)
)
4年間の学修成果の関連性分析による定量的可視化
酒井浩二,阿部一晴,今岡義明(京都光華女子大学)
委員会挨拶・諸連絡13:05 〜 13:10
午後の部13:10 〜 15:15
A会場(1階5101教室)
)
アメリカのデジタル・シティズンシップ教育教材の検討と日本における学習実践の可能性についての研究
今度珠美(鳥取県教育委員会),坂本旬(法政大学),豊福晋平(国際大学),芳賀高洋(岐阜聖徳学園大学)
)
家庭や地域と協働した情報モラル教育
中島啓太,竹澤裕士,安藤良介,江口千穂(東京都墨田区立第二寺島小学校)
)
教育情報化に関する保護者意識 −#1 携帯電話持ち込み規制について−
豊福晋平(国際大学)
B会場(2階5202教室)
)
探究の授業を対象にしたデータに基づく授業・カリキュラム改善に関する研修の開発 −プレワークショップの実践−
脇本健弘(横浜国立大学),兼松かおり,渡邉久暢(福井県立若狭高等学校),平野智紀,吉澤日花里,相沢優,伊藤志帆(内田洋行),吉田涼香,大内美智子(横浜国立大学)
)
「自分が好き,仲間・学校が好き,地域が好きな子供」を育てるカリキュラムマネジメントに関する研究
大山和則(愛知県知立市立八ツ田小学校),倉本哲男(愛知教育大学),伊藤大輔(秋田県立大学),磯部征尊(愛知教育大学)
)
プログラミング的活動と理科学習の関連を図ったカリキュラム(試案)
浜田里枝,南部昌敏,櫻井茂(聖徳大学大学院),中川一史(放送大学)
)
e-ポートフォリオを利用した海外連携の外国語学習における反転学習の実践と課題
安部由美子(広島工業大学),フッド・マイケル(日本大学),エルウッド・ジェイムズ(明治大学),益子行弘(浦和大学)
)
三年間の保育者養成課程における情報教育カリキュラムの開発と評価
中島千恵子(星美学園短期大学)
C会場(2階5203教室)
)
情報教育の実践家が有する小学校プログラミング教育の推進ビジョンに関する事例分析
山本朋弘(鹿児島大学大学院),三井一希(山梨県北杜市立泉小学校),木村明憲(京都教育大学附属桃山小学校),大久保紀一朗(雲南市立木次小学校),堀田龍也(東北大学大学院)
)
小学校中学年における学級力と学校生活スキルの関連−学級開きと完成期の学級力の変容に注目して−
伊藤大輔(秋田県立大学),磯部征尊,鈴木一成(愛知教育大学),田中博之(早稲田大学)
)
「情報活用能力の体系表例」を網羅したチェックリストの開発
村上唯斗(東京学芸大学),野澤博孝(埼玉県児玉郡美里町立松久小学校),高橋純(東京学芸大学)
)
思考言語とプログラミング言語をつなぐ学習支援システムの開発とその利用
西村宗一郎,倉山めぐみ(函館工業高等専門学校)
)
情報活用能力の育成に係る校内指標の作成に関する調査 −小学校2校に対するインタビュー調査から−
中尾教子(内田洋行),福山創(川崎市立下平間小学校),泰山裕(鳴門教育大学大学院),佐藤和紀(常葉大学),堀田龍也(東北大学大学院)
D会場(2階5204教室)
)
オンライン大学のメンターによる学生への支援の実態
石川奈保子(早稲田大学)
)
地域図書館における英文多読の現在の探究
後藤隆昭(静岡県立大学)
)
高齢者の健康学習を促すワークショップの開発
森玲奈(帝京大学),孫大輔(東京大学大学院),渡辺雄貴(東京理科大学),北村智(東京経済大学),堀里子(慶應義塾大学)
)
グループワークメンバーへの期待とグループワークについての態度の関係
丸山美紀(早稲田大学大学院),向後千春(早稲田大学)
)
図解を活用したライティングセミナーの実践
福山佑樹,鈴木浩子(明星大学)【発表要旨は、JSET19-4に掲載】
午後の部15:30 〜 16:45
A会場(1階5101教室)
)
高校生のPCとスマホにおける文字入力速度に関する調査
登本洋子(桐蔭学園高等学校),高橋純(東京学芸大学),堀田龍也(東北大学大学院)
)
北欧におけるICTを活用したキャリアガイダンスの実践と研究の動向
森田佐知子(高知大学)
)
ベトナムの高校におけるICT活用に関する予備的調査−英語科教育を事例として−
時任隼平(関西学院大学),久保田賢一(関西大学),Nguyen Thi Mai Huong,Nguyen Thi Cam Huong(Hanoi National University of Education)
B会場(2階5202教室)
)
プログラミングによる問題解決を通してAIへの理解を深める中学校技術科の授業開発と実践
板垣翔大(大阪教育大学大学院),浅水智也(宮城教育大学附属中学校),佐藤和紀(常葉大学),中川哲(東北大学大学院),安藤明伸(宮城教育大学),堀田龍也(東北大学大学院)
)
プログラミング的思考を育む“発問”に着目した国語科教育に関する授業実践
平林千恵(兵庫県西宮市立北夙川小学校),今宮信吾(桃山学院教育大学),松永豊,齋藤ひとみ,梅田恭子(愛知教育大学),伊藤大輔(秋田県立大学),磯部征尊(愛知教育大学)
)
視覚障害をもつ子ども向けプログラミング環境の開発
松本章代,高橋幹太,菅原研(東北学院大学)
C会場(2階5203教室)
 
D会場(2階5204教室)
 
日本教育工学会