原稿の提出は、研究会発表申込・原稿投稿申込フォームより提出願います。

開催日
2019年10月19日(土)
会場
甲南大学 岡本キャンパス 8号館
※キャンパスマップはこちら
受付は8号館1階エントランスホールです
開催担当
千葉美保子(甲南大学) 連絡先: mchiba[at]center.konan-u.ac.jp *[at]を@に変えてご連絡ください

参加のための事前申し込みは必要ございません。参加費は無料です。

研究会報告集の年間予約購読代金(3,000円)を支払い済みの本学会会員以外の方は,報告集代として1,000円を当日受付にてお支払いください。 また,当日受付にて年間予約購読の申し込みも可能です。 なお,年会費には研究会報告集の年間購読代金は含まれておりませんのでご注意ください。

発表時間
当研究会は会員・非会員による討論の場を作ることを目的として開催しております。 討論時間を確保するために,持ち時間24分において質疑応答の時間を5分以上は確保していただいております。 よろしくご理解願います。
交通案内
・阪急「岡本」駅から徒歩10分
・JR「摂津本山」駅から約12分
※詳しい交通案内はこちら
※キャンパス内に駐車場はございませんので,公共交通機関を利用してお越しください。
お知らせ
・昼食等案内:キャンパス内に生協食堂,大学内にコンビニエンスストアや飲食店があります。ご都合にあわせ各自ご利用ください。
【10月10日12:30追記】
当日の昼食についてお詫びとご案内です。ニューズレター等にて昼食等案内にて食堂を含めたご案内を差し上げておりましたが,当日生協食堂をお使いいただくことができなくなりました。当日ご利用いただけますのは以下の3店舗となります。
・「FamilyMart」(iCommons2階)土/9:00〜14:00
・「CAFFÉ & BAR PRONTO」(iCommons1階) 土/9:00〜14:00
・「TSUTAYA BOOKcafe」(iCommons 4階)土/10:00〜14:00
大学周辺の飲食店に限りがございますので,上記3店舗および岡本駅/摂津本山駅周辺の飲食店,コンビニもあわせてご利用ください。ご不便をおかけし申し訳ございません。
プログラム 発表時間:発表1件につき24分 (発表19分,質疑5分)の持ち時間です。
諸連絡10:00 〜 10:05
午前の部10:05 〜 12:10
A会場(2階821教室)
)
大学生の主体的なリフレクションを生み出す指導者の手立てについての一考察
芥川元喜(金沢星稜大学)
)
第二外国語教育における会話型学習支援システムの開発に関する仮説
星野リョウ(神戸大学)
)
記憶再生マップを用いた初年次教育の授業改善に関する実践研究
角和博(佐賀大学)、古川美樹(佐賀県武雄市朝日小学校)
)
小学校外国語教育の改善に向けた校内研修の運営方法に関する研究
後藤壮史(奈良県王寺町立王寺小学校)
)
振り返りの反復による学習効果に関する考察
貝増匡俊(神戸女子大学)、豊田寿行(公立鳥取環境大学)、上向井裕介(神戸女子大学)
B会場(2階822教室)
)
教育工学的視点による保育内容「環境」の授業実践の試み(2)
波多野和彦(江戸川大学)、中村佐里(自由学園最高学部)、松田清美(福岡こども短期大学)、大塚紫乃(江戸川大学)
)
並行授業の知識獲得を基にした情報学演習の展開
神谷勇毅(鈴鹿大学短期大学部)
)
妖怪ワークショップの開発と実践 ―文化教育・メディアリテラシー教育に向けて―
山田寛邦(東京大学大学院)
)
基礎的ITリテラシーを踏まえた教科情報のカリキュラムの検討 ―プログラミングを題材として―
中村佐里、遠藤敏喜(自由学園最高学部)、三尾忠男(早稲田大学)、波多野和彦(江戸川大学)
)
コアカリキュラムに則した科目「教育の方法と技術」の再設計
田中洋一(仁愛女子短期大学/熊本大学大学院)
C会場(2階823教室)
)
卒業研究のルーブリック評価による卒業時の質保証の検証
酒井浩二、土居淳子、Carolyn Wright、知念葉子、吉田咲子、高野拓樹、佐滝剛弘(京都光華女子大学)
)
著作権法の制度は,著作者を保護しているのか.―各種コンテストの著作権規定から考える―
世良清、中村遥人、長田尚也、松田陸利(三重県立津商業高等学校)
)
セルフ・ハンディキャッピングとハーディネスを用いた社会人学生の類型化と成績・学習時間との関係
中村康則(早稲田大学大学院)、向後千春(早稲田大学)
)
成人向けライフキャリア支援プログラムの実践と評価
廣瀬由美子(早稲田大学大学院)、森玲奈(帝京大学)、向後千春(早稲田大学)
)
日本語WEB聴解教材試用調査における自由回答記述の分析
阪上彩子(関西学院大学)
D会場(1階812教室)
)
教科担任制の中学校教員における採点業務の分析と採点時の思考に関する一考察 ―採点支援システムを用いた場合との比較を交えて―
中川哲、堀田龍也(東北大学大学院)
)
聴覚と音声に関する授業研究(2) ―音声の特徴と活用について考えるための授業実践―
金子俊明(筑波大学附属聴覚特別支援学校)
)
大学入学共通テストの数学における「波及効果」
小張幸宏、伊藤稔(東京理科大学大学院)
)
「昆虫の体のつくり」におけるアリを用いた教材開発―小学校理科教材の開発と授業設計―
吉澤樹理(明星大学大学院/立教大学) 、今野貴之(明星大学)
)
【発表取消】図解を活用したライティングセミナーの実践
福山佑樹、鈴木浩子(明星大学)
委員会挨拶13:05 〜 13:10
午後の部13:10 〜 15:15
A会場(2階821教室)
)
高等学校教育におけるICTを活用した授業改善―英語科と家庭科におけるeポートフォリオの活用―
時任隼平(関西学院大学)
)
高等学校現代文の授業における動画活用の実践に関する一考察
大井良知(大阪教育大学附属高等学校池田校舎)
)
協働学習を導入した高等学校数学の授業設計―学習方略の獲得と数学の内容習得への効果検討―
名知秀斗(岐阜県立多治見北高等学校)
)
哲学対話を中心とした高等学校「倫理」の評価法について
二宮徳次郎(京都府立朱雀高等学校)
)
解決策提案型PBLのサポート科目における形成的評価に関する検討
長田尚子(立命館大学)、江口瑛子(株式会社HRインスティテュート)、森田泰暢(福岡大学)、中川洋子(立命館大学)
B会場(2階822教室)
)
テキストへの理解を深める「クイズ読み」の効果と検証
竹岡篤永(明石工業高等専門学校)
)
教員養成課程における学生のICT活用能力育成を目的とした協働的に授業改善を行う授業研究の提案
浅井瑞希、高村浩輝、森本康彦(東京学芸大学)
)
中学校におけるキャリアパス志向と知財に関する意識の相関性の検証
渥美勇輝(三重県鈴鹿市立平田野中学校)、世良清(三重県立津商業高等学校)、吉田拓也(四天王寺学園高等学校・中学校)
)
記憶の再生マップによる小学校理科学習の授業改善に関する実証研究
古川美樹(佐賀県武雄市立朝日小学校)、角和博(佐賀大学)、岩永雅也(放送大学)
)
RPAの教育分野への応用―BizRobo!とG Suiteの連携による著作権教育―
田中健吾(香蘭女子短期大学)
C会場(2階823教室)
)
小学校児童のスマートフォン等の利用に関する調査
岸誠一、吉田千代、中尾姫梨(中国学園大学)
)
小学校プログラミング教育にペアプログラミングを取り入れた実践の評価
中山舞祐、森本康彦(東京学芸大学)
)
タンジブルと身体化デザインを取り入れたプログラミング学習のための教材開発―教員養成学生を対象にした実践とその効果―
新井しのぶ、岩男芙美、田中るみこ、白石恵里(中村学園大学)、大庭美奈(九州産業大学)、野上俊一(中村学園大学)
)
大学生のパソコン操作スキルへの自信は授業内容への自信にどのように影響するか
石川奈保子(早稲田大学)、丸山美紀(早稲田大学大学院)
D会場(1階812教室)
 
午後の部15:30 〜 17:10
A会場(2階821教室)
)
発達障害の特性を持つ学生の対応と授業のUD化の考察―保育内容「人間関係」の授業改善を例として―
高林友美(サイバー大学)
)
作業療法評価技術の授業改善を考える―OSCE場面のテキストマイニングによる分析―
川上永子(兵庫教育大学大学院/四條畷学園大学)、掛川淳一、小川修史(兵庫教育大学大学院)、杉原勝美(四條畷学園大学)、森広浩一郎(兵庫教育大学大学院)
)
プログラミング導入教育の実践と評価
新開純子、早勢欣和(富山高等専門学校)
)
看護学実習における遅延便益の享受と学習経験レベルの要因の関係―看護学でのコミュニケーション学習に着目して―
川本弥希(東京工業大学)、石橋嘉一(横浜商科大学)
B会場(2階822教室)
)
小学校及び中学校の校務分掌における統計的リテラシー項目の分類による比較検討
槇誠司(東京情報大学)、中野博幸(上越教育大学)、堀田龍也(東北大学大学院)
)
「修学旅行探究ノート」を活用した高等学校における探究的な学びの実践と評価
野口雅純、森本康彦(東京学芸大学)、牧野雄一郎(株式会社JTB)
)
スマートフォンを用いた相互評価によるプレゼンテーションスキルの改善
北村雅則(南山大学)
)
映像教材の難易度に関するタギング操作と視聴操作の関連性に関する一検討
長濱澄(東京工業大学)、浅見隆平(早稲田大学)、奥本隼(株式会社TwoGate)、梅村恭司(豊橋技術科学大学)、森田裕介(早稲田大学)
C会場(2階823教室)
 
D会場(1階812教室)
 
日本教育工学会