原稿の提出は、研究会発表申込・原稿投稿申込フォームより提出願います。

開催日
2017年10月21日(土)
会場
明石工業高等専門学校
(〒674-8501 兵庫県明石市魚住町西岡 679-3)
明石工業高等専門学校の地図はこちら
開催担当
竹岡篤永(明石工業高等専門学校)連絡先:

参加のための事前申し込みは必要ございません。参加費は無料です。

研究会報告集の年間予約購読代金(3,500円)を支払い済みの本学会会員以外の方は,報告集代として1,000円を当日受付にてお支払いください。 また,当日受付にて年間予約購読の申し込みも可能です。 なお,年会費には研究会報告集の年間購読代金は含まれておりませんのでご注意ください。

発表時間
当研究会は会員・非会員による討論の場を作ることを目的として開催しております。 討論時間を確保するために,持ち時間24分において質疑応答の時間を5分以上は確保していただいております。 よろしくご理解願います。
交通案内
  • JR「魚住駅」から徒歩約5分.または,山陽電鉄「山陽魚住駅」から徒歩約10分です.
  • 詳しくは,国立明石工業高等専門学校Webサイトの「交通アクセス・キャンパスマップ」(http://www.akashi.ac.jp/access)をご参照ください.
  • なお,お車でお越しになられた場合,構内の駐車場をご利用いただくことはできません.
お知らせ
  • 昼食のご案内:研究会当日の食堂営業はありません.周辺には定食屋・コンビニなどがありますので,昼食についてはご都合にあわせて各自ご準備ください.
  • 情報交換会:研究会終了後,情報交換会を開催する予定です.参加を希望される方はWebフォーム(リンク先:https://goo.gl/forms/6zjvrtURDpPVwj5J3)よりお申込みください。締切は10月13日(金)です.
プログラム 発表時間:発表1件につき24分 (発表19分,質疑5分)の持ち時間です。
諸連絡10:00 〜 10:05
午前の部10:05 〜 12:10
A会場(共同学習センター ルームD)
)
オンライン大学院におけるコンピテンシーに基づくeポートフォリオの量的な分析
高橋暁子(徳島大学)、竹岡篤永(明石工業高等専門学校)、根本淳子(愛媛大学)、久保田真一郎、鈴木克明(熊本大学大学院)
)
赴任1年目の教師による省察の実践的研究−コーディネーターの役割に焦点を当てて−
栫井大輔(プール学院大学)
)
アクティブラーナー水準アセスメントを活用した学生のエンパワーメント
藤田大雪、酒井浩二、阿部一晴(京都光華女子大学)
)
中堅社員を対象とした経験学習における仕事観・信念の形成プロセスに関する質的研究
廣松ちあき(早稲田大学大学院)、尾澤重知(早稲田大学)
B会場(共同学習センター 視聴覚教室)
)
地域活性化と市民情報交流の現状
武田亘明(札幌市立大学)
)
非認知的スキルがオンライン大学の学生の自己調整学習方略の使用に及ぼす影響
石川奈保子(早稲田大学大学院)、向後千春(早稲田大学)
)
協調学習における教材と学習の機能機構階層図による分析
大崎理乃(産業技術大学院大学)、山田雅之(星槎大学大学院)
)
チームで行うメンタリングによる管理職・ミドルリーダーの関わり方の分類と効果に関する調査
脇本健弘(横浜国立大学)、木村充(立教大学)、町支大祐(東京大学)、中尾教子、平野智紀(内田洋行)、野中陽一、大内美智子(横浜国立大学)
)
文間類似度グラフに基づく論文内容の整合性に関する比較分析と文章評価尺度の提案
庵愛(公立はこだて未来大学大学院)、冨永敦子、竹川佳成、平田圭二(公立はこだて未来大学)
C会場(本館 合併教室)
 
委員会挨拶・諸連絡13:05 〜 13:10
午後の部、C会場(本館合併教室)では、SIG07「インストラクショナルデザイン」連携セッションを開催します。発表時間は他セッションと同様ですが総括討議を行います。13:10 〜 15:15
A会場(共同学習センター ルームD)
)
教員養成初期段階の教育実習関連科目における教育実習授業参観のリフレクションの実習校による違い
谷塚光典、森下孟、市川公明、油井幸樹(信州大学)
)
机上授業シミュレーションを用いた教師の行為の中の省察に関する事例研究
中村駿(早稲田大学大学院)、浅田匡(早稲田大学)
)
「ビブリオ・トーナメント」における学習者の振り返りレポートの探究
後藤隆昭(静岡県立大学)
B会場(共同学習センター 視聴覚教室)
)
高等専門学校における学科・学年横断形式のアクティブラーニング型授業に関する実践研究
時任隼平(関西学院大学)、大崎理乃(産業技術大学院大学)
)
小学校理科におけるプログラミング教育の効果の分析−第5学年「ふりこのきまり」を事例として−
佐藤和紀(東北大学大学院/常葉大学)、荒木貴之(東北大学大学院/武蔵野大学)、板垣翔大、斎藤玲、堀田龍也(東北大学大学院)
)
社会人学生の「弱み」となる特徴
中村康則(早稲田大学大学院)、向後千春(早稲田大学)
)
アクティブラーニングを意識した情報リテラシー基礎科目授業運用の取り組み
阿部一晴、酒井浩二、藤田大雪(京都光華女子大学)
)
初修フランス語教科書に対応の学習サポートデジタル教材−学習コンテンツ“総合問題”のリスニング−
有富智世、喜久川功(常葉大学)
C会場(本館 合併教室)
)
情報セキュリティ教育のeラーニング教材改善とその評価
天野由貴、隅谷 孝洋(広島大学)
)
ARCSモデルに基づくワークシート法の評価
石谷康人(高知工科大学)
)
Parrishの学習経験の質モデルの学習者要因に着目した授業改善ヒント集の開発
仲道雅輝、根本淳子(愛媛大学)、竹岡篤永(明石工業高等専門学校)、高橋暁子(徳島大学)、鈴木克明(熊本大学大学院)
)
総括討議
コーディネータ:市川尚(岩手県立大学)
午後の部15:30 〜 17:35
A会場(共同学習センター ルームD)
)
自己調整学習に関する内省・概念化を促す授業における学習者の意識変化
仲林清(千葉工業大学)
)
汎用的技能養成を目指した学修支援実践
横山真衣、土川忠浩(兵庫県立大学)
)
教員のTechnological Content Knowledgeを育成するプログラムの開発研究
小柳和喜雄(奈良教育大学大学院)
)
リフレクションの工夫−科学工学系学生を対象としたデザイン思考教育の実践から−
川瀬真弓、森部詢嗣、尾関智恵(岐阜大学)
B会場(共同学習センター 視聴覚教室)
)
シンキングツール活用による授業設計の変容−複線径路・等至性アプローチからの考察−
三宅貴久子(関西大学大学院)、岸磨貴子(明治大学)、久保田賢一(関西大学)
)
インターネット投票による各種試験の答案作成ツールの開発
新原俊樹(九州大学大学院)
)
教員養成課程における学生の情報モラルの指導内容に関する知識の調査
安里基子(東京学芸大学)、佐藤和紀(常葉大学)、高橋純(東京学芸大学)
)
教学IRのための学生支援モデルの試作−学習スタイルと性格特性のクラスタリングを活用して−
片瀬拓弥(清泉女学院短期大学)
)
TBL(Team-Based Learning)とPBL(Problem-Based Learning)の違い
川上祐子(早稲田大学大学院)、向後千春(早稲田大学)
C会場(本館 合併教室)
 
日本教育工学会