情報モラル教育・ネットいじめ対策/一般


●会  場:北海道教育大学 旭川校(教育学部 共通教育棟1階 P101教室・P102教室)
       (〒070-8621 旭川市北門町9丁目)
       北海道教育大学旭川校へのアクセス
●担当:村田育也(北海道教育大学旭川校)

参加のための事前申し込みは必要ございません.参加費は無料です.
研究会報告集の年間予約購読代金(3,500円)を支払い済みの本学会会員以外の方は,報告集代として1,000円を当日受付にてお支払いください.また,当日受付にて年間予約購読の申し込みも可能です.尚,年会費には研究会報告集の年間購読代金は含まれておりませんのでご注意ください.

●交通案内: 
公共交通機関をご利用ください.
JR旭川駅から あさでんバス「5番春光回り」(約15分)バス停「旭町2条10丁目」下車 徒歩5分
詳しくは,北海道教育大学旭川校Webサイトの「アクセスマップ」をご参照ください.
http://www.asa.hokkyodai.ac.jp/intro/access.html
●お知らせ:
研究会当日は大学生協の食堂および購買が営業しております.大学周辺の飲食店はわずかです.

●プログラム:        発表時間:発表1件につき24分(発表19分程度,質疑5分程度)の持ち時間です。
諸連絡 10:00-10:10
午前の部(10:10-11:50)
A会場(P101教室) B会場(P102教室)
A1)自律学習を基盤としピア・ラーニングとピア・レビューを組み込んだ教科教育科目の構想
三橋功一(北海道教育大学)

A2)シンガポールにおける関数電卓を用いた数と式の指導
黒田恭史(佛教大学),岡本尚子(日本学術振興会)

A3)大学生を対象とした正規表現の試験におけるCBTと紙の比較
竹内俊彦(東京福祉大学/教育テスト研究センター),涌井智寛(茨城大学)

A4)試験問題に登場する励ましの言葉をかける今風のキャラクター画像が受験者に及ぼす影響に関する検討
加藤由樹(東京福祉大学/教育テスト研究センター),加藤尚吾(東京女子大学/教育テスト研究センター),赤堀侃司(白鴎大学/教育テスト研究センター)

B1)マンガ初学者のための4コママンガeラーニングコースの設計と実践
菅谷充(早稲田大学大学院)

B2)ピア・レスポンスに対する満足度とその理由
冨永敦子・向後千春(早稲田大学)

B3)ブレンド型授業の前後における受講生のeラーニング指向性の変化
向後千春・冨永敦子(早稲田大学)

B4)コーパスに基づいて聞き手反応の教育的重要度を導き出す手法の検討
歌代崇史(北海学園大学),柳沢昌義(東洋英和女学院大学)

昼食(11:50〜12:50)
委員会挨拶・諸連絡 12:50-13:00
午後の部第一部(13:00-15:05)
A会場(P101教室) B会場(P102教室)
A5)情報モラル教育のあり方−情報メディアの匿名性と個人性に注目して−
村田育也(北海道教育大学)

A6)小学校3年生を対象とした電話に関する情報モラル学習の展開とその効果
小山史己・岡本恵子・鈴木貴子・栗原健(津市立西が丘小学校),下村勉・須曽野仁志(三重大学)

A7)実体験を基にしたネットコミュニケーションにかかわるモラル指導に関する研究−実体験の有無による学習内容・学習効果の違いに着目して−
長谷川春生(兵庫教育大学大学院),久保田善彦(上越教育大学大学院)

A8)情報モラル指導に関する保護者向けの情報提供の評価
山本朋弘(熊本県教育庁),溝口博史(熊本県立教育センター),清水康敬(東京工業大学)

A9)デジタルリテラシーの調査結果から見る子ども・教師・教員養成学生の共通点と差異
小柳和喜雄(奈良教育大学大学院)

B5)中学生を対象としたロボット作りワークショップの開発−ピコクリケットを用いたワークショップを事例として−
今井亜湖(岐阜大学教育学部),井戸康智(岐阜市立岐北中学校),船戸健司(岐阜大学大学院),鈴木織江(名古屋市立東築地小学校),棚橋美保(大垣市立大垣南小学校),内記麻子・北川美宏(CSKホールディングス)

B6)学習者によるデジタルストーリーテリングとADMSARモデル
須曽野仁志(三重大学)

B7)大学生によるデジタルストーリーテリング「自分への手紙」と作品分析
井川朋香(三重大学大学院),須曽野仁志(三重大学),鏡愛(津市立東観中学校),下村勉(三重大学)

B8)能力記述を用いた電子ポートフォリオ・英語学習教材の開発
田中洋也・マクラーティ・チャールズ・ソーラ・サイモン(北海道情報大学),前田真人(電子開発学園)

B9)Xbox 360を利用した英語学習環境の開発
竹内典彦・森川悟(北海道情報大学)

午後の部第二部(15:20-17:25)
A会場(P101教室) B会場(P102教室)
A10)ケータイ所持の有無が情報モラル学習にあたえる影響
中里真一・久保田善彦(上越教育大学大学院)

A11)Web調査の信頼性の確認と青少年のインターネットや携帯電話の利用に関する調査分析
清水康敬(東京工業大学),小泉力一(尚美学園大学),山本朋弘(熊本県教育庁),横山隆光(岐阜県池田中学校)

A12)これからの子どもに求められる能力にかかわる考察(3)−全米教育技術能力基準・生徒版に対するイメージ調査から−
波多野和彦(江戸川大学),奥野雅和(京都文教高校),山路進(日本私学教育研究所),三尾忠男(早稲田大学),坂元昂(日本教育工学振興会)

A13)短大型入学前教育「コミュニケーションリテラシー」の構築
小棹理子・伊藤善隆・岩崎敏之・高橋可奈子・藤澤みどり(湘北短期大学),佐藤明宏(神奈川県立藤沢高校),原満(川崎市立川崎総合科学高校),関祐太郎(早稲田大学大学院)

A14)学校ホームページを継続して取り組むことで見えてきた成果と課題
宮沢元(長野市立鍋屋田小学校),豊福晋平(国際大学)

B10)学習における「負の転移」時の脳活動データの特徴について
岡本尚子(日本学術振興会),黒田恭史(佛教大学)

B11)大学の授業における学びの楽しさ要因の段階と知識欲求との関連性
松村智恵(早稲田大学大学院)

B12)知識の多様な外化表現と創発的分業による協同的な知識構築
舟生日出男(広島大学大学院),加藤誠(北海道立教育研究所),久保田善彦(上越教育大学大学院),鈴木栄幸(茨城大学),加藤浩(放送大学)

B13)マンガ表現法による振り返りが教育実習生の指導案改善に与える効果
鈴木栄幸(茨城大学),望月俊男(専修大学),久保田善彦(上越教育大学大学院)

B14)中等教員養成における「総合的な学習の時間」の指導力育成方法の検討と実践
松田稔樹・佐藤亮太・石井奈津子(東京工業大学大学院)