ICTの教育活用と授業設計/一般


原稿の提出は、研究会発表申込・原稿投稿申込フォームより提出願います。
●会  場:椙山女学園大学(星ヶ丘キャンパス 文化情報学部棟)(〒464-8662 名古屋市千種区星が丘元町17番3号)
       椙山女学園大学アクセスマップ
●担当:亀井美穂子(椙山女学園大学)TEL: 052-781-6269(直通)

研究会は当日受付にて同研究会の報告集(1,000円)をご購入いただければ,一般の方でも参加可能です.事前申し込みは必要ございません.
研究会報告集の年間予約購読代金が入金確認されている本学会会員は無料で参加できます.

●交通案内: 
公共交通機関をご利用ください.
【名古屋駅から】
地下鉄東山線「星ヶ丘」駅(約20分)下車.6番出口より徒歩約10分.
詳細は以下のWebページをご覧ください.
http://www.sugiyama-u.ac.jp/sougou/access.html
●お知らせ:
宿泊は,「栄」駅,もしくは「名古屋」駅付近にホテルが多く,地下鉄東山線一本で「星ヶ丘」駅に行けるので便利です.

●プログラム:        発表時間:発表1件につき25分(発表20分程度,質疑5分程度)の持ち時間です。
諸連絡 9:25-9:30
午前の部(9:30-11:35)
A会場(502教室) B会場(503教室) C会場(501-A教室) D会場(501-B教室) E会場(404教室)
A1)児童生徒・保護者・担任教員を対象とした児童生徒のケータイ所持と使用実態に関する調査(2)
杉本圭優(富山短期大),堀田龍也(メディア教育開発センター),石原一彦(岐阜聖徳学園大),戸田俊文(熊本県教育庁),那須寛・藤原理香・和田朋子・末吉恵美(NTTドコモ)

A2)8話のドラマによるケータイ向け情報モラル教材の開発
石原一彦(岐阜聖徳学園大),杉本圭優(富山短期大),堀田龍也(メディア教育開発センター)

A3)児童・生徒の携帯電話の所持についての検討 −東海地域で起きた事件を踏まえて−
藤澤大(朝日大)

A4)情報モラル判断の思考モデルに基づく生徒・教師用学習教材の開発と評価
降矢一洋・松田稔樹(東京工業大),玉田和恵(江戸川大),近藤千香(東京工業大学附属科学技術高)

B1)複数の高等教育機関を対象とした携帯電話への情報配信システムのサービス提供と改善
葉田善章・篠原正典・清水康敬(メディア教育開発センター)

B2)群馬県立県民健康科学大学における3次元構築技術の活用
三尾綾子(東京工業大),小倉敏裕(群馬県立県民健康科学大),波多野和彦(メディア教育開発センター),松田稔樹(東京工業大)

B3)ICTとローテクを併用した大学基礎科目「情報倫理」の授業実践と考察
神村伸一(東北文化学園大)

B4)産学連携によるICT 活用授業の設計と実践 −インターネット映像コンテンツ『金城ポッドウォーク』とFM 放送番組『FM ジャック・目がテンJD』について−
中田平・岩崎公弥子・後藤昌人(金城学院大)

B5)教育用電子著作物の再利用改変合意システムの開発
清水康敬・尾崎史郎(メディア教育開発センター)

C1)思考力育成のための教材開発 −初等教育におけるシンキング・ツール活用−
坂田篤志(学習創造フォーラム),今野貴之・岸磨貴子・黒上晴夫(関西大)

C2)研究計画策定時の自己内対話を促す研究アイデアマップ −初学者の思考プロセスを考慮した研究アイデアオントロジーの構成−
中沢正江・池田満(北陸先端科学技術大学院大)

C3)教員と研究者による実践コミュニティの形成 −ICTを活用した国際交流学習を事例として−
久保田真弓・泰山裕・遠海友紀・水越敏行(関西大)

C4)平成17年度現代GP採択事業「e-Learning専門家の人材育成」の最終成果および継続事業の実施報告
長沼将一・玉木欽也(青山学院大)

C5)教科書に基づく穴埋め問題の自動生成とその教育効果 −個別学習支援における学習進捗度管理の事例研究−
久村優・磯本征雄・長谷川信(岐阜聖徳学園大)

D1)知識創発型プレゼンテーションのための多画面対応議論ソフトウェアの開発
栗原一貴(産業技術総合研究所/東京大),椿本弥生(東京大),望月俊男(専修大/東京大),大浦弘樹・西森年寿・中原淳・山内祐平(東京大),渡部信一(マイクロソフト・ディベロップメント)

D2)少人数指導を前提とした授業用プレゼンテーションソフトPower C#の開発
柏木肇(電気通信大)

D3)協調的な学習を支える共同学習者と学習支援者の役割 −大学生に対するソフトウエア技術演習を事例として−
我妻優美・永野和男(聖心女子大)

D4)コラボレーションによる電子教材開発の方法論 −SECI モデルからCollabo モデルへ−
柏木肇(電気通信大)

E1)生徒と教員が「中学校部活動」へ抱いている意識の現状 −生徒と教員への質問紙調査を通しての考察−
森下翔悟・藤村裕一(鳴門教育大)

E2)メディア観に関する質問紙調査の分析と考察
小林建太・藤村裕一(鳴門教育大)

E3)キャリア発達のための自己認識と自己成長について −若年層の自発的離職意識からみえる問題点に着目して−
武知将人・藤村裕一(鳴門教育大)

E4)保育実践知と論理思考力に関する研究
中村恵(奈良佐保短期大)

昼食(11:35〜12:45)
委員会挨拶・諸連絡 12:45-12:50
午後の部第一部(12:50-14:30)
A会場(502教室) B会場(503教室) C会場(501-A教室) D会場(501-B教室) E会場(404教室)
A5)教師に必要なICT 活用スキルについての調査研究
中川斉史(三好教育ネットワークセンター),石原一彦(岐阜聖徳学園大)

A6)算数科授業でのICT 活用による指導の効率化の分析
渡邉光浩(三股町立勝岡小),高橋純(富山大),堀田龍也(メディア教育開発センター)

A7)教員のICT活用を支援するリーフレットの評価
皆川寛(登米市立北方小),渡邉光浩(三股町立勝岡小),高橋純(富山大),堀田龍也(メディア教育開発センター)

A8)各教科等の指導における情報活用スキルの習得度の調査
塩谷京子(静岡市立森下小),堀田龍也(メディア教育開発センター)

B6)インターネットを使った探求型学習の教育効果
早川肇(慶應義塾普通部),野村亜由美(長崎大)

B7)情報の多面的読解に関する研究 −多面的読解テストの結果の分析−
徳永裕一・藤村裕一(鳴門教育大)

B8)LSAを用いた説明文指導ポイントの自動選定の試み
椿本弥生(東京大),中村光伴(熊本学園大),岸学(東京学芸大)

B9)正しく使える日本語力の養成を目指した授業設計におけるICT教材の位置づけ −英国中等教育向け日本語リソース『力-CHIKARA-』の場合−
来嶋洋美(国際交流基金),田中真寿美(筑波大)

C6)学校子どもブログ活動の背景と教育的意義
豊福晋平(国際大),辻美早子(一宮市立瀬部小),町田智雄(横浜市立千秀小),鷲尾健二(新潟市立亀田東小)

C7)学校評価を前提とした学校ホームページの情報提供方策
中島進(伊万里市立黒川小),豊福晋平(国際大)

C8)教職員・児童・保護者による全校的学校ホームページ運用体制の構築
鷲尾健仁(新潟市立亀田東小),豊福晋平(国際大)

C9)学校子どもブログの交流活動を支える技術的要素とその課題
町田智雄(横浜市立千秀小),豊福晋平(国際大),辻美早子(一宮市立瀬部小),鷲尾健仁(新潟市立亀田東小)

D5)キャリア形成と他者が及ぼす影響の関係に関する研究 −人間関係に関する潜在カリキュラムの一考察−
仲二見和恵・藤村裕一(鳴門教育大)

D6)テレビ会議システムによる遠隔授業研究の効果と課題
谷塚光典・竹島大悟・島田希・東原義訓(信州大)

D7)目標の構造化による小学校算数科の授業設計とその実践
細見隆昭(兵庫教育大)

D8)ソーシャルネットワーキングサービスを活用した教育実習実践コミュニティのデザイン
望月俊男(専修大),北澤武(首都大学東京)

E5)教員養成におけるメディア・リテラシー育成カリキュラムの開発と評価
棚橋美保・今井亜湖(岐阜大)

E6)一次情報探索とグループワークによるメディアリテラシー実践
福本徹(国立教育政策研究所)

E7)パソコン使用不安の変化による応用ソフトウェア操作達成度の一考察
山岸正明(セコム山陰),木本雅也・目黒一成・大野賢一・井上仁・本村真一・西田英樹・石田雅(鳥取大)

E8)鳥取大学新入生における全学共通科目・情報リテラシの履修効果
木本雅也・井上仁・目黒一成・大野賢一・本村真一・石田雅・鈴木輝博・鈴木龍司・宮田直輝・藤尾聡・大淵晴美・近藤博史・西田英樹(鳥取大),山岸正明(セコム山陰)

午後の部第二部(14:45-16:25)
A会場(502教室) B会場(503教室) C会場(501-A教室) D会場(501-B教室) E会場(404教室)
A9)教員のICT活用指導力向上のための形成的な評価方法の開発
伊藤剛和(奈良教育大),川上教夫(徳島県立総合教育センター),原克彦(目白大)

A10)学校CIO の機能検討のためのICT 活用リーダーシップ調査 2 −私立学校を対象として−
波多野和彦(メディア教育開発センター),山路進(日本私学教育研究所),新地辰朗(宮崎大),坂元昂(日本教育工学振興会)

A11)教員研修Web総合システムTRAINを利用した研修コースの開発と評価
本多博(長崎県教育センター),山本朋弘(熊本県立教育センター),堀田龍也・清水康敬(メディア教育開発センター)

A12)教員のICT活用指導力の向上を目指した研修システムに関する研究
丸山裕輔(新潟県立生涯学習推進センター)

B10)モバイルラーニング環境における情報提示メディアに関する基礎的研究
渡辺雄貴(東京工業大),加藤浩(メディア教育開発センター),赤堀侃司・西原明法(東京工業大)

B11)モバイル端末とCMSによるコンテンツ利用を促進する新しい授業形態の検討 −iPod touchを用いたリアルタイム評価の試み−
孕石敏貴(日進市立梨の木小),野村泰朗(埼玉大)

B12)赤外線を用いたマルチタッチシステムの製作 −教育現場への活用と普及にむけて−
永野直・野村林太郎・藤村裕一・林秀彦(鳴門教育大)

C10)プログラミング導入教育としてのロボット製作の成果
渡邉景子・高山文雄(いわき明星大)

C11)高齢者のパソコン操作の特徴に関する研究
山田浩貴・広瀬啓雄(諏訪東京理科大)

C12)熟練技術と専門知識の伝承支援に向けて −漆器の上塗り工程の分析事例−
菅谷克行・上野恵美子(茨城大)

D9)三方向相互作用モデルに基づく自立した消費者育成のためのゲーミング教材の開発
通堂智子・松田稔樹(東京工業大),遠藤信一(東京工業大学附属科学技術高)

D10)問題状況の俯瞰的理解を促す「技術者モラルゲーム・導入編」の開発と実践
遠藤信一(東京工業大学附属科学技術高),松田稔樹(東京工業大)

D11)アスキーアートによる物語教材作成支援ソフトの開発と作成教材
竹内俊彦・涌井智寛(茨城大),加藤尚吾(早稲田大),加藤由樹(東京福祉大)

E9)教師のためのスペイン単語翻訳ソフトGraciasとその活用法
柏木肇(電気通信大)

E10)合成音声評価スコアを提示するリスニング教材作成システムの開発について
康敏・柏木治美・鏑木誠(神戸大)

E11)英語発音訓練における英語母語話者と学習者の協働学習プロセスの解明
西尾由里(茨城大),木下徹(名古屋大),宮本節子(兵庫県立大),今井裕之(兵庫教育大),マーク・テーラー(兵庫県立大)