学校の情報化と学習リソースの活用

●日 時:2000年9月23日(土)

●会 場:北海道教育大学函館校 5号館1F 情報マルチメディア室
http://www.hak.hokkyodai.ac.jp/  構内配置図)

●担 当:山口好和(yosikazu@cc.hokkyodai.ac.jp)

研究会への参加は、当日受付にて同研究会の報告集をご購入いただければ、一般の方でも可能です。

●プログラム

10:00 受付開始

10:20 開会

10:30〜12:10 研究発表1---------------------

(1)「授業設計の手がかりにおける無回答項目の分析」
○山崎正吉・三橋 功一・山口好和・中村紘司(北海道教育大学函館校)

(2)「プロジェクト・アプローチを用いた幼稚園実習の事前指導」
○奥野正義・山口好和(北海道教育大学函館校)

(3)「学部学生のコミュニケーションを支援する掲示板システムの開発」
○久米 弘(九州大学大学院)、神辺 圭一(九州大学理学部)

(4)「教材評価機能を有するWeb教材共有システム」
○高木真一・佐々木整・竹谷誠(拓殖大学工学部)

12:10〜13:25 昼食------------------------------

13:30〜15:10 研究発表2-------------------

(5) 「授業における展開図シミュレーション利用の評価」
○松永公廣(摂南大学)、菅井勝雄・前迫孝憲(大阪大学)

(6)「OMRを利用した手書きプログラム採点システムの提案」
○高木和久・村山恭平(尚美学園大学)

(7)「再構成型描画ソフトウェアによる「プロセスの作品化」について」
○苅宿俊文(大東文化大学文学部教育学科)

(8)「整数引き算の類型化と学習のためのデータバンキング化」
○後藤 聡(天使大学)

15:20〜16:20 フリーディスカッション--------------

テーマ:道南地区における学習環境の情報化にむけて

16:25 閉会

 

●アクセス:

○函館空港から市バス(39系統空港万代線、JR函館駅行)で約30分『宮前町』下車, 徒歩 7分(JR函館駅からは同じ39系統函館空港行で約15分)

○函館空港からタクシーで約20分, 2,500-3,000円

 

<発表者の方へ>

●発表1件の持ち時間:発表20分、質疑応答5分、計25分。プレゼン機器のセット時間も持ち時間に入れます。

●使用可能器材:OHPまたはOHC、VHSビデオ,液晶プロジェクタ、ディスクトップPC。但し、ノートパソコンはご持参願います。