日本学術会議 会員専用ページ 入会申込
ENGLISH
日本教育工学会 JAPAN SOCIETY FOR EDUCATIONAL TECHNOLOGY
  • MAP
  • お問合せ
  • JSET NEWS
  • 合宿
  • 研究会
  • 全国大会
  • シンポジウム
  • 産学共同セミナー
  • SIG活動

SIG活動

SIG-02(教師教育・実践研究)へ戻る

JSET-SIG02 教師教育・実践研究
第6回研究会『教師の学び及び教育実践研究の方法論を考える』
  • 日程
    2018年2月10日(土)13時〜11日(日)12時30分
  • 会場
    名古屋大学 豊田講堂シンポジオン
  • 参加
    無料(どなたでも参加できます)
    資料準備のため、2月5日(月)までにへ申し込みください。
  • プログラム:
    2月10日(土) 教師の学びを考える
    12時30分〜13時00分 受付
    13時00分〜13時05分 開会にあたって
    13時05分〜13時30分 SIGレポートを活用した自己紹介
    13時40分〜16時00分 パネルディスカッション
      「教師の学びを支える環境・方法のデザイン」
       ・前田康裕(熊本大学)学校、教育委員会、大学の経験を通して
       ・副島 孝(愛知文教大学)管理職、教育行政の立場から
       ・長谷川哲也(静岡大学)教員育成指標と教師の学び
       ・寺嶋浩介(大阪教育大学)リフレクションツールの開発
      コーディネータ:柴田好章(名古屋大学)・姫野完治(北海道教育大学)
    16時20分〜17時30分 講演
      「教師が育つ条件と教師教育」今津孝次郎(愛知東邦大学)
    18時00分〜 情報交換会

    2月11日(日) 教育実践研究の方法論を考える
    9時00分〜9時30分  教育実践研究@
      「実技指導場面の視界記録の即時的共有による授業研究方法の開発」望月紫帆(奈良教育大学)
    9時30分〜10時00分 教育実践研究A
      「授業を分析することの意味と可能性」坂本將暢(名古屋大学)
    10時00分〜10時30分  ディスカッション・情報共有
      「教育実践研究を進める上で直面している課題」
      コーディネータ:島田希(大阪市立大学)・脇本健弘(横浜国立大学)
    10時40分〜11時50分 講演 益子典文(岐阜大学)
      「教育実践研究へのアプローチ −夜間遠隔大学院での経験を中心に−」
    12時00分〜12時30分 ディスカッション
      「SIG-02教師教育・実践研究の今後に向けて」
      コーディネータ:深見俊崇(島根大学)・坂本將暢(名古屋大学)
  • 主催
    教育工学会SIG-02 教師教育・実践研究
     姫野 完治(北海道大学),益子 典文(岐阜大学),深見 俊崇(島根大学),
     今井 亜湖(岐阜大学),谷塚 光典(信州大学),梅澤 実(埼玉学園大学),
     坂本 將暢(名古屋大学),島田 希(大阪市立大学),
     脇本健弘(横浜国立大学),望月紫帆(奈良教育大学)
  • リンク
    https://www.facebook.com/groups/1489229758010298/

ページトップへ

日本教育工学会 事務局 TEL:03-5549-2263/FAX:03-5575-5366
〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13三会堂ビル8階