日本学術会議 会員専用ページ 入会申込
ENGLISH
日本教育工学会 JAPAN SOCIETY FOR EDUCATIONAL TECHNOLOGY
  • MAP
  • お問合せ
  • JSET NEWS
  • 合宿
  • 研究会
  • 全国大会
  • シンポジウム
  • 産学共同セミナー
  • SIG活動

JSET NEWS

JSET NEWS一覧へ
  日本教育工学会 特別企画(実践研究活性化)セミナー(最終報)

                              日本教育工学会特別企画(実践研究活性化)委員会
                              委員長 村川雅弘(鳴門教育大学)
 
   
   教育工学の知見を学校現場に還元していくと共に,教育実践に基づく研究及びその成果の発信に関してのセミナーを平成26 年度より開催しています.昨年度は約30 名の現場教師,大学院生,指導主事, 大学教員が集い,学校や教育センター等の研究・研修計画を持ち寄り,教育工学的な視点からの助言・協議を行いました.昨年度のセミナーによる改善プランを今年度に実施したという報告も受けています.
 今回は第2 回目です.大学院や教職大学院等で教育現場をフィールドとして実践的な研究を計画・実施されている方あるいは指導されている方,学校現場において研究主任等として中心的に取り組まれて いる方,あるいは学校現場を対象として研究的な立場でかかわっておられる方,教育センター等で研修を企画・運営されている方等々のご参加をお待ちしています.
■日時:2016 年03 月13 日(日)10:00〜16:00
■会場:岐阜大学サテライトキャンパス「多目的講義室」
(JR 岐阜駅前・岐阜スカイウイング37 東棟4 階 http://www1.gifu-u.ac.jp/~gifu_sc/src/)
■定員:40 名
■申込:
今野貴之(明星大学)   宛てにメールで,@氏名,A所属,Bメールアドレス,Cワークショップでの実践研究計画の簡単な紹介,を03 月06 日(日)までにお 知らせください.ワークショップでの資料は03 月09 日(水)までにメールでお送りください. C については, A4 版1 〜 2 枚とします. また, C の書式は研究会の原稿見本 (https://www.jset.gr.jp/study-group/files/jset-study-group-format140301.pdf) を参考に作成した PDF 原稿として下さい.ただし,英文でのタイトル・氏名・所属は不要です.

■昼食:JR 岐阜駅ビル内ASTY 岐阜・ACTIVE-G の飲食店をご利用いただけます.
      ASTY 岐阜:http://www.nsk-eki.com/asty/gi1f.html
      ACTIVE-G:http://active-g.co.jp/rest-cafe/
      
■日程:(予定)
10:00〜10:10 開会・挨拶
10:10〜11:10 パネルディスカッション
「教育工学の知見を学校現場にどう還元しているか」(仮題)
       村川雅弘(鳴門教育大学)・三橋功一(北海道教育大学)
       小柳和喜雄(奈良教育大学)・寺嶋浩介(大阪教育大学)
大学院や教職大学院,学校現場,教育センター等で長年研究指導を行ってきた本学会の研究
者が,教育工学のどのような知見をどう還元しているのかを熱く語り合います.

11:20〜12:00 参加者全員による自己紹介を兼ねた研究・研修計画の紹介
研究・研修計画の紹介内容を受けて,午後のチーム編成を行います.

13:00〜15:00 ワークショップ:「教育実践研究構想の練り上げワークショップ」
大学院生や教職大学院生または研究主任,指導主事等に,平成28 年度に実施する予定の実践研究計画や研修計画を可能な範囲で持参していただきます.チーム内(6 名程度,研究者が 必ず1 名入る)において紹介し,計画の立て方やデータの集め方・分析の仕方等について意見や助言を出し合ってまとめます.
計画紹介と練り上げワークショップ(チーム内の各事例紹介及び協議・助言20 分×5 件程度)

15:10〜15:40 全体発表
(5 分×6 チーム=30 分:各チームから代表1 事例の成果)

15:40〜16:00 総括・閉会
 



ページトップへ

日本教育工学会 事務局 TEL:03-5549-2263/FAX:03-5575-5366
〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13三会堂ビル8階