日本学術会議 会員専用ページ 入会申込
ENGLISH
日本教育工学会 JAPAN SOCIETY FOR EDUCATIONAL TECHNOLOGY
  • MAP
  • お問合せ
  • JSET NEWS
  • 合宿
  • 研究会
  • 全国大会
  • シンポジウム
  • 産学共同セミナー
  • SIG活動

JSET NEWS

JSET NEWS一覧へ
  日本教育工学会 特別企画(実践研究活性化)セミナー(最終報)

                              日本教育工学会特別企画(実践研究活性化)委員会
                              委員長 村川雅弘(鳴門教育大学)
 
   
   今年度より,教育工学の知見を学校現場に還元していくと共に,教育実践に基づく研究及びその成果の発信に関してのセミナーを開催することとなりました.今回はその試行として第一回目を開催します. 大学院や教職大学院等で教育現場をフィールドとして実践的な研究を計画・実施されている方あるいは指導されている方,学校現場において研究主任等として中心的に取り組まれている方あるいは学校現場 を対象として研究的な立場でかかわっておられる方のご参加を期待しています.
■日時:2015 年 03 月 15 日(日)10:00〜16:00
■会場:兵庫教育大学神戸ハーバーランドキャンパス「講義室5」
      http://www.hyogo-u.ac.jp/facility/khlc/access/
■定員:40 名
■申込:
永田智子(兵庫教育大学)   宛てにメールで,
  1. 氏名
  2. 所属
  3. 指導教員名
  4. メールアドレス
  5. 事例発表またはワークショップでの実践研究計画紹介の別
を 03 月 01 日(日)までにお知らせ下さい.

発表資料は 03 月 10 日(火)までにメールでお送り下さい.資料は A4版2枚とします.書式は研究会の原稿見本 (https://www.jset.gr.jp/study-group/files/jset-study-group-format140301.pdf) を参考に作成した PDF 原稿として下さい.ただし,英文でのタイトル・氏名・所属は不要です.

■昼食:会場のある神戸情報文化ビルカルメニ及び近隣に飲食店をご利用いただけます.
      (http://www.hyogo-u.ac.jp/facility/khlc/surrounding/

■日程:(予定)
10:00〜10:10 開会・挨拶
10:10〜11:00 基調講話:
     「現職教員が学校をフィールドとして研究する意義と方法」(仮題) 村川雅弘(鳴門教育大学)
これまで鳴門教育大学大学院・教職大学院で 30 年間に渡って現職教員の実践研究を指導してきた立場から,その意義と方法について具体的な事例を挙げてお話しします.

11:10〜12:00 及び 13:00〜13:50
     事例発表と研究協議:「学校現場の課題解決における教育工学的な手法とその効果」
今年度に大学院や教職大学院等を修了される現職教員による事例発表と研究協議を行います.
指導教員のコメントや参加者による研究協議から教育実践研究の具体的なヒントを得ることができるでしょう.

14:00〜15:45 ワークショップ:「教育実践研究構想の練り上げワークショップ」
大学院生や教職大学院生または研究主任等が平成 27 年度に実施する予定の実践研究計画を持参し,チーム内(5名程度,研究者が必ず1名入る)において紹介し,計画の立て方やデータの 集め方・分析の仕方等について意見や助言を出し合ってまとめる.
  • 簡単な事例紹介(2分×6)とチーム編成(8分)[6チームと想定した場合](20 分)
  • チーム内事例紹介(20 分)
  • 練り上げワークショップとチーム内協議(30 分)
  • 全体での発表・協議(5分×6=30 分)

15:45〜16:00 総括・閉会
 



ページトップへ

日本教育工学会 事務局 TEL:03-5549-2263/FAX:03-5575-5366
〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13三会堂ビル8階