JSET―日本教育工学会
会員専用ページ
入会申込
学会概要
日本教育工学会とは
会長ご挨拶
学会略史
学会案内
学会定款
理事会
各種委員会
論文賞・研究奨励賞

論文・発表検索
論文誌掲載論文リスト

ニューズレター

会費送金

論文について
投稿規定
執筆の手引
論文のまとめ方
投稿手順

出版物のご案内 リンク
ENGLISH
日本教育工学会 JAPAN SOCIETY FOR EDUCATIONAL TECHNOLOGY MAP お問合せ
JSET NEWS合宿研究会研究会全国大会シンポジウム産学共同セミナーワークショップ
ホーム >> JSET NEWS

JSET NEWS
JSET NEWS一覧へ
  日本教育工学会論文誌 特集号
「情報教育の成果と課題」〆切延長のお知らせ
 
   
  特集号「情報教育の成果と課題」の〆切を以下のように延長いたしました。
2月20日(月) 【20日消印有効】
みなさまの論文投稿をお待ちしております。
 
   
   本学会では、文部科学省が「情報教育」を教育内容として整理する以前から、 様々な場面で情報に関わる教育実践について、その内容論や方法論を取り上げ、 着実な研究成果をあげてきました。また、初等中等教育における「情報教育」の 骨格が固まった今日においても、新たな課題が日々生まれ続けており、新しい試 みにも無関心ではいられません。たとえば、社会の情報通信環境の急速な進展に 対して情報教育を陳腐化させないためにはどうしたらよいのか。また、教育の情 報化政策によって拡充されてきた学校における情報通信環境を生かした授業実践 はどうあるべきなのか。さらには、初等中等教育において累積される学習成果を 受けて、高等教育や生涯教育における情報教育はどのように変化させたらよいの か。市民教育としての情報教育と高度な専門職の養成とをどのように切り分け、 また統合したらよいのか。新たな課題が山積しています。
 そこで、日本教育工学会では、情報教育について、今後の普及・進展のために 必要な研究を幅広く扱った特集号を企画し、下記要領により論文を募集すること にしました。対象は初等・中等教育、高等教育、生涯教育・企業内教育など、幅 広くとらえております。これらの分野で研究や教育実践をしておられる会員各位 にはふるってご投稿くださいますようお願いいたします。

1.テーマ
  情報教育の成果と課題
2.対象となる研究
  情報教育の発展状況に関する調査研究・事例研究
  既存の情報教育の問題点を解決するための開発研究
  情報教育に関するカリキュラム研究・理論研究
  情報教育の評価手法に関する研究
  内外の情報教育の政策・制度・組織に関する研究
  新しい情報技術・情報環境を扱った情報教育の試行的研究
  情報教育と能力測定,入学試験について
  情報教育の教材・コンテンツの作成技法
  企業における人材育成と情報教育
  その他の情報教育に関するあらゆる研究
3.募集論文の種類
  通常の論文同様に、論文、資料、寄書を募集します。投稿規程ならびに査読は、通常の論文誌の場合と同じです。(ウェブを参照: http://www.jset.gr.jp/thesis/kitei.html
なお、ショートレターとして既に掲載 されている内容あるいは研究会や全国大会で発表された内容を発展させ、論文として投稿することも可能です。なお、内容が特集号の主旨と異なっている場合に一般誌として査読を受けていただくこともありますので、あらかじめご了解ください。
4.論文投稿締切日
  2006年2月20日(月)消印有効 (2006年12月発行予定)
5.論文送付先
  日本教育工学会編集委員会
6.問い合わせ
 
7.特集号編集委員会
  鈴木克明(岩手県立大学)
松居辰則(早稲田大学)
赤倉貴子(東京理科大学)
伊藤紘二(東京理科大学)
木原俊行(大阪市立大学)
近藤勲(岡山大学)
正司和彦(兵庫教育大学)
永野和男(聖心女子大学)
西野和典(九州工業大学)
東原義訓(信州大学)
平嶋宗(広島大学)
宮田仁(滋賀大学)
室田真男(東京工業大学)
渡辺博芳(帝京大学)
 

JSET NEWS一覧へ


▲ ページトップへ
日本教育工学会 事務局 TEL/FAX: 03-5740-9505
〒141-0031 東京都品川区西五反田8-3-16西五反田8丁目ビル8F